top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中森明菜デビュー40周年リリース第一弾 シングル24曲のみを歌った初のライブアルバム『イースト・ライヴ』が高音質で再発へ

SPICE

中森明菜『AKINA EAST LIVE INDEX-XXIII』


中森明菜のデビュー40周年記念リリース第一弾作品『AKINA EAST LIVE INDEX-XXIII』が3月16日に発売されることが決定した。

『AKINA EAST LIVE INDEX-XXIII』は、中森が1989年4月29日・30日によみうりランドEASTで行ったデビュー8周年目の野外アニバーサリー・ライブ『AKINA INDEX-XXIII The 8th Anniversary』を収録した、キャリア初のライブアルバム。デビューシングル曲「スローモーション」から、23rdシングル「LIAR」までの全A面曲と「Blue on Pink」(「LIAR」カップリング曲)の全24曲が、コンサートの曲順通りに収録されている。なお、収録24曲のうち、19曲がシングル・チャート1位(「LIAR」のカップリング曲含む)を記録しており、4曲がトップ5とのこと。なお、発売中のライブ映像版『中森明菜イースト・ライヴ インデックス23』(Blu-ray・DVD)は曲順を入れ替えて構成されている。


『AKINA EAST LIVE INDEX-XXIII』の音源は、昨年再発されたライブアルバム『Listen to Me -1991.7.27-28 幕張メッセ Live』でも好評を博した“ラッカーマスターサウンド(Lacquer Master Sound)【44.1kHz/16bit】”を採用。ラッカーマスターサウンドは、アナログレコードの原盤であるラッカー盤にカッティングし、カートリッジ(レコード針)で再生した音を、デジタル化した音源。原音に限りなく近く、アナログレコードの持っているふくよかで艶やかなサウンドを再現しているという。

また、オリジナルリリース時(1989年11月17日発売)のブックレットも復刻。解説は、自身もファンクラブに入り、80年代、90年代、2000年代とずっと中森明菜のコンサートを見つめてきたクリス松村が執筆している。

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル