top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ポケモンレジェンズ アルセウス』“ステルスロック”の仕様変更が発覚?「ヒスイ地方」ではこれまでの常識が通用しない可能性も…

インサイド

『ポケモンレジェンズ アルセウス』“ステルスロック”の仕様変更が発覚?「ヒスイ地方」ではこれまでの常識が通用しない可能性も…

1月13日、海外のポケモン公式YouTubeチャンネル「The Official Pokémon YouTube channel」にて『ポケモンレジェンズ アルセウス』のプレイ映像が公開。フィールドの仕様や調査任務など様々な要素が明らかになりましたが、そこで“ある技”の仕様変更が発覚しました。

あの技が仕様変更!?
今回公開されたプレイ映像によると、これまでのエンカウントシステムが一新された模様。プレイヤーは野生のポケモンと直接相対することになり、その身に攻撃を受けることもあるようです。

そのため、うっかりダメージを受けすぎて“目の前が真っ暗に”なってしまうことも。一応、従来どおり手持ちのポケモンを繰り出して戦闘を行い、弱らせてから捕獲する…といった一連の流れも確認できました。

そして、同作には「キング」や「クイーン」と呼ばれる特殊な状態のポケモンが存在する模様。プレイ映像では、その中から同作で初登場となる「バサギリ」との戦闘の様子が収められています。

そこで「バサギリ」が「ステルスロック」を使用するシーンがあるのですが、どうも我々の知る技とは少し違う様子でした。もともと「ステルスロック」は、その場に影響を与える変化技なのですが、なんと同作では攻撃技になっているようです。

なお、被弾後には「ステルスロック」の元々の効果を示唆するメッセージが表示されていたため、正しくは攻撃性能が付与された…というところでしょうか。

その他にも『ポケモンレジェンズ アルセウス』では、色々な技の仕様が変更されている可能性も。もしかすると、同作ではこれまでの常識が通用しない場面が出てくるのかも知れませんね…。


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル