top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『パワプロ』超レアなアフロ姿も!? 今こそ振り返りたい永遠の“好敵手”猪狩守

インサイド

『パワプロ』超レアなアフロ姿も!? 今こそ振り返りたい永遠の“好敵手”猪狩守

コナミの人気野球ゲーム『パワフルプロ野球』(パワプロ)の最新作『eBASEBALLパワフルプロ野球2022』が、2022年4月21日に発売される模様。また同作の新「サクセス」シナリオとして、歴代ライバルキャラが登場する「パワフル高校ライバルズ」が追加されることも併せて発表されました。

そこで今回は、同モードにも登場予定のライバルキャラの中から“永遠の好敵手”と呼ばれる猪狩守について紹介しつつ、その魅力に迫っていきます。

“永遠の好敵手”猪狩守
猪狩は、NINTENDO 64 向けソフトとして発売された『実況パワフルプロ野球4』で初登場。以来、ほぼ全ての作品にライバルや同級生、ときには指導者として「サクセス」モードに関わってきました。

自信家でプライドが高く、キザな性格で主人公に対して嫌味を連発してくる猪狩ですが、野球の実力は本物。自他ともに認める天才投手で、150キロに迫るストレートと多彩な変化球を持つ本格派左腕として主人公に立ちはだかりました。ちなみに、野手としての能力も一級品で、パワーも高ランクの「A」に設定されています。

代名詞のライジングシリーズ
その一方で、自ら「天才は1%の才能と99%の努力」と語るなど、血の滲む努力を重ね続けている猪狩。『実況パワフルプロ野球9』ではそんな努力の産物として、オリジナルストレート「ライジングショット」の開発に成功します。それ以降「ライジングシリーズ」が猪狩の代名詞となり、後の作品で「ライジングキャノン・ソニックライジング・カイザーライジング」とアップデートされていきました。

ちなみに、作品によっては猪狩から「ライジングシリーズ」を伝授してもらうことも可能。しかし、その成功率はかなり低く設定されており、場合によっては利き腕が破壊されてその場で野球人生が終了してしまいます。

笑える見た目と笑えない能力を兼ね備えるアフロ猪狩
このように野球に対して真摯に向き合い続け、人一倍努力を重ねる猪狩ですが、その結果とんでもない姿を披露してくれたことも。その姿とは通称「アフロ猪狩」。『実況パワフルプロ野球'99開幕版』にて、主人公に負けた悔しさから特訓を重ねるというイベントが存在するのですが、そこでなぜか髪型をアフロヘアにして再登場しました。

ひと目見たら忘れられなくなる見た目になった猪狩ですが、ただ髪型が面白くなっただけではありません。特訓を重ねたことで、球速や変化球の変化量などのステータスが一回り強化され、作中でも屈指の強敵へと変貌するのです。しかし、なぜアフロヘアになる必要があったのでしょうか…。

そんな猪狩を始めとした歴代ライバルキャラが名を連ねる『パワプロ2022』の『パワフル高校ライバルズ』。一体どんなストーリーが描かれていくのか、続報を待ちましょう…!


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル