top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

1/29劇場公開『『誰かの花』 インタビュー:村上穂乃佳さん 時に和やかに、時に厳しく、というバランスがとても心地いい現場でした

cinefil

第34回東京国際映画祭「アジアの未来」部門正式出品、2022年1月29日(土)から渋谷ユーロスペース、横浜シネマ・ジャック&ベティをはじめ全国劇場公開が控えている『誰かの花』(奥田裕介 監督)にご出演の村上穂乃佳さんにインタビューをさせていただきました。

村上穂乃佳さん

俳優になるきっかけ
小学校6年生の時に原宿でスカウトされたのがきっかけです。
初めての原宿で(笑)。
12歳の時にTVドラマに出させていただいたのが初めてのお芝居だったと思います。
今は、CMや舞台、TVドラマ、映画などのお仕事をさせていただいています。
なかでも映画は自分のなかでは特別な存在だと思います。
私がとてもこの世界に興味を持ったきっかけのひとつは映画なんですね。
映画に出会うことによって、お芝居にも興味を持っていろいろなお仕事に貪欲になって。

今回、『誰かの花』のお話をいただいて
色々なニュースに触れるときに、事件の被害者と加害者の立場ということを考えたこともあり、私が反対の立場だったらと、よく考えることもあったんです。
そんな時、『誰かの花』の脚本をいただいて、自分が今まで考えていたことが立体的に見えたような気がしたんです。
更に奥田監督にお会いした時に並々ならぬ決意を感じて・・・身が引き締まるような思いをしました。
そしてこの作品にぜひ参加したいと思いました。

ヘルパー「長谷川」という役について
私が演じる長谷川は、自分の中にしっかりとした正義を持っていると思うんですね。
年齢が24歳という設定で、私の実年齢よりも少し若い設定なんです。
私も24歳の頃でしたら、長谷川と同じように考えて、自分の中の正義を相手に見せてしまうんじゃないかな、と思います。
今の私だったら、相手の事情なども考えてしまい長谷川のような行動はできないかな、と思います。
若いっていうのかな、そんな正義を振りかざしてしまう長谷川の気持ちはとてもよくわかります。

広告の後にも続きます

村上穂乃佳さん

現場について
とても心地よい現場でしたね。
時に和やかに、時に厳しく、というバランスがとても心地よく、撮影が進んでいったな、という気がします。
カトウシンスケさんと階段を走りながら何度も往復をした後にカトウさんから優しく声をかけていただいたり。
スタッフのみなさんも談笑していてもいざカメラが回ると現場が引き締まる、オンとオフの切り替えがはっきりとした現場だと思いました。
監督は、現場に入る前に時間をしっかりとっていただき役についてお話いただいたり、リハーサルもしっかりしていただいたり、コミュニケーションを大切にする監督だと思います。
監督が何を考えているのか、私の役どころも共有しての現場入りだったので、撮影には安心して挑めました。
奥田監督は、演じたことに対してはそんなにダメ出しをしない監督だと思います。

役者として大切にしていること
いちばんは自分が自然体でいること、ですかね。
自分が居やすい場所だったり考えだったりを自然に探して、自分が居やすい場所、自分らしく居られる状態を無意識につくっていることだと思います。

将来は
日本アカデミー賞を受賞できるような俳優になりたいですね。
まだまだ先になるとは思うんですけど。
目標は口に出して言っていると実現できるような気がして(笑)

インタビュー後記
言葉を選びながら、時にしっかりと考えてお話をされる村上穂乃佳さん。
俳優として作品にしっかり取り組むお人柄が出ていてとても好印象でした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル