top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Base Ball Bear・小出祐介×橋本絵莉子 互いの近況から共通項のある新譜、知られざるルーツまで。とことん語り合う

SPICE

小出祐介 / 橋下絵莉子 撮影=横山マサト


バンド結成から20年の時を重ね、最新にして最高到達点を更新するニューアルバム『DIARY KEY』をリリースしたBase Ball Bearの小出祐介。チャットモンチーの完結から3年を経て、ファーストソロアルバム『日記を燃やして』を完成させた橋本絵莉子。ほぼ同期デビュー、対バンやコラボも多く、仲の良さで知られた両者の作品のどちらも「DIARY=日記」がタイトルになったのは、果たして偶然か必然か?
SPICEでは2枚のアルバムのリリースを記念して、「ちゃんと話すのはチャットモンチー完結以降初めて」(小出)という対談取材を敢行。小出が『日記を燃やして』に鋭く切り込み、橋本がBase Ball Bearへの共感を語り、二人がアーティストとしての成長を共有する。ここでしか読めないロングインタビュー、開幕。

小出祐介:僕と絵莉子の現在地点の違いとして、僕は引き続きバンドをやっていて、絵莉子はチャットが完結して、今はソロになってるから、どんなアレンジをやっても良かったはずじゃん?

橋本絵莉子:うん。なんでもいい。

小出:それでもバンド形態を選んだというか、鍵盤も入れずに、ギターとベースとドラムという形の作品になったのが、ちょっと意外だったの。

橋本:そういうの、しないと思ってた?

広告の後にも続きます

小出:というか、選択肢がいろいろある中で、「わざわざギターバンド編成でやらないだろう」という先入観があった。バンド時代にやれなかったこともあるだろうし、ソロになったらいろいろやるんだろうなと思ってたら、まさかのバンド形態だったから。それでびっくりした。

橋本:あー、なるほど。

小出:チャットモンチーはずっと肉体性をともなうバンドだった。ところが、終盤はツーピースになって、打ち込みが入ったりして、肉体を失うというところまで行っての最終作だったわけじゃない? そういうキャリアを積んできた人が次に選ぶのは何だろう?と思った時に、ピアノが入ってるとか、そういう形を予想してたら、バンド形態で。なおかつそのバンドアンサンブルも、腕利きのみなさんが集まって作るもので、チャットモンチーとは異なる性質のものだった。

橋本:うん。そうね。

小出:そこでの絵莉子の肩の力の抜け方の塩梅がちょうど良かった。つまり……すごい遠回りしてきたけど、総じて「めっちゃいいな」ということです。

橋本:あはは。うれしいよ。そんな言ってくれる人、おらんけん。今回は、リリースしようと思って作ってなかった曲がわりと入ってて、いい意味であんまり何も考えてないのね。絶対バンドアレンジにしようと決めてたわけでもなくて、作りたいまんまに作ったら、こういうバンドサウンドになっていった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル