top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サッカー日本代表に呼ぶべき2人。「この選手なら伸びるな」三笘薫と古橋亨梧の代役に適任なアタッカーとは?【コラム】

フットボールチャンネル

サッカー日本代表に呼ぶべき2人。「この選手なら伸びるな」三笘薫と古橋亨梧の代役に適任なアタッカーとは?【コラム】

国内組合宿で存在感を示したベテラン

サッカー日本代表はカタールワールドカップアジア最終予選で、1月27日に中国代表と2月1日にサウジアラビア代表と対戦する。それに先立ち、22日午後にメンバー発表が行われるが、三笘薫や古橋亨梧の不在が想定されるアタッカー陣は注目ポイントの1つに挙げられる。国内組合宿を通じて見えた、日本代表に呼ぶべき2人の国内組アタッカーとは?(取材・文:元川悦子)
——————————————

 1月17日から千葉・幕張で行われていた国内組のみの日本代表合宿が21日に5日間の活動を終えた。当初は最終日にウズベキスタン代表戦が予定されていたが、新型コロナウイルスのオミクロン株感染急拡大によって中止になり、代わって流通経済大学との練習試合が45分ハーフで行われた。

 前半はGK権田修一、DF酒井宏樹、中谷進之介、谷口彰悟、長友佑都、アンカー・稲垣祥、インサイドハーフ・脇坂泰斗、江坂任、右FW武藤嘉紀、左FW相馬勇紀、1トップ・大迫勇也という陣容。フォーメーションは4-3-3だった。

 27日と2月1日の2022年カタールワールドカップアジア最終予選を視野に入れ、森保一監督は合宿初日からゲーム形式を採用。かなり実戦的かつ強度の高いトレーニングを行ってきたが、このイレブンは3日目から固定してきた面々だ。ウズベキスタン戦が行われていたら、彼らをスタメン起用するつもりだったのだろう。

 選手側もそれを想定していたのか、鋭い出足を見せた。長友、酒井らベテラン勢のコンディションは想像以上で、大迫は開始早々の3分にいきなり先制点をゲット。昨年の最終予選序盤戦に感じさせた重さやキレのなさを完全払拭した印象だった。

広告の後にも続きます

 長友にしてもJリーグ復帰直後の昨秋に比べて動きが軽快。「昨季の最後の方は、ただ試合をこなしている状況だった」という酒井宏樹も、状態が上がってきたことを実感したという。守護神・権田を含めた主力4人の様子を目の当たりにして、指揮官はとりあえず安堵したに違いない。

 それ以外のメンバーも強度の高いプレーを前面に押し出した。

「この選手なら伸びる」と絶賛されたのは…

 中谷と谷口はキャプテン・吉田麻也不在のDF陣に割って入ろうと、揃って安定感ある守備を披露。どちらが生き残ってもおかしくない状態であることをアピールしてみせた。稲垣ら中盤トリオも、長友から名指しで「落ち着きとテクニックがあり、球際も戦える」と高評価を受けた。中盤は遠藤航ら欧州組がコンスタントに試合に出ているため、最終予選の残留可能性は低いものの、3人のうち1人は生き残ることもあり得そうだ。

 そして武藤と相馬の両サイドアタッカーは、揃ってゴールという結果を残した。まず相馬だが、16分にペナルティエリア左外から豪快なシュートを蹴り込み2点目をゲット。得意のドリブルで再三のチャンスメークを見せ、守備面でも前から献身的にボールを追っていた。

 縦関係を形成した長友もこうしたパフォーマンスを前向きに受け止めた様子だ。

「運動量も多いし、守備も攻撃もできる。そして中にも縦にも行ける。彼はすべてにおいてレベルが高いし、レベルが上がってきている。東京五輪の時も見てましたけど、トレーニングや意識を含めて、この選手なら伸びるなと思わせてくれる。自分との関係も10年くらい一緒にやってるんじゃないかっていうくらいの落ち着きと安心感を抱ける」と絶賛していた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル