top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「鎌倉殿の3大女優」の魅せ処(1)新垣結衣が演じる八重と頼朝の情事を推測すると…

アサ芸プラス

 今年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は初回平均17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と視聴率的には落ち着いた滑り出しに見える。しかし、ツイッター上でのトレンドでは世界1位、見逃し配信の視聴数も前作の2倍以上と、数字以上の盛り上がりを見せるスタートとなっているのだ。アサ芸が「新しい目線」でより一層楽しめる、ムフフな視聴法を伝授しよう!

 主演・小栗旬、脚本・三谷幸喜で鳴り物入りのスタートを切った新NHK大河。「鎌倉殿の13人」というタイトルは、源頼朝の死後に鎌倉幕府2代将軍・源頼家への権力集中を避けるべく、有力な御家人が集まって結成された合議制の政務集団と、そのメンバー数からきている。テレビ解説者でコラムニストの木村隆志氏は初回放送を視聴して、

「大河では幕末や戦国時代など、有名登場人物や人間ドラマも豊富な時代が人気を得る傾向にありますが、鎌倉幕府の成立前後という中世は、いわば暗く地味な時代。それでも史実とユーモアをベースにしつつ、それでいて残酷な描写もある脚本で、おちゃらけているだけではない、三谷さんらしいドラマに仕上がっているように思います」

 と高評価だ。事実、

〈大河をあまり見たことない自分でも楽しめた〉

広告の後にも続きます

〈つかみはオッケー。バッチリじゃない〉

 などと、ネット上でも視聴者からの称賛が相次いでいる。

 ここでやはり気になるのが、ドラマを彩る美女キャストの存在。芸能評論家の平田昇二氏が言う。

「大河はお堅いNHKの制作ですが、実は意外と官能シーンが多い。古くは『独眼竜政宗』で、樋口可南子(63)の淀君が石田三成(奥田瑛二)の手を掴んで自らの胸を揉みしだくよう導くシーンがあったり、最近でも『麒麟がくる』で松永久秀(吉田鋼太郎)が人を探して遊郭に赴くと、半裸の遊女が出てきました」

 そんなワケで、アサ芸が選出した「鎌倉殿の3大女優」と、未見の読者諸兄にぜひオススメしたい「官能視聴法」を紹介したい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル