top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【スピリチュアル・ビートルズ】ピーター・バラカンさんに聞く(上)――今でも「ツイスト・アンド・シャウト」がNo.1

OVO

 ブロードキャスターのピーター・バラカンさんは今から59年前(1963年)のビートルズとの出会いについて振り返る――「確実に初めて聞いたのは『プリーズ・プリーズ・ミー』です。当時イギリスで大ヒットしており、知らない人はいなかった」。

 ロンドンで暮らしていたバラカンさんは当時11才。それまではクリフ・リチャードを擁するシャドウズのようなグループはあったけれども、インストゥルメンタルで「歌えるバンドというのはビートルズが初めてだったのでは」と語る。

 メンバーに「それぞれ存在感がある。ビジュアル的に違っていた。ハーモニーで歌う。ハーモニー・ヴォ―カルの良さをビートルズで知りました」とバラカンさん。

 アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』は親が買ってくれた。というのもシングル盤でさえおカネを貯めて買っていたぐらいだったからアルバムには自分では手が出なかったからだ。母はビートルズに肯定的で「私と弟に「髪をのばせば」と言うぐらいだった」。

 「学校の友達たちはみなビートルズが好きだった。彼らのレコードはみな聴いていた。彼らを嫌いな人はあまりいなかった」とバラカンさん。女の子の間では四人のメンバー中、ポール・マカートニーが一番の人気だったという。

広告の後にも続きます

 バラカンさんが生まれて初めて経験したコンサートはビートルズだった。’64年1月2日、バラカンさんの家からバスひとつで行けるアストリア劇場で12月下旬から行われていたクリスマス・ショーを、2階の最前列の席で母親と弟と一緒に観たのだ。バラカンさんは事前にチケットを買うのに弟と朝の8時台から並んで待った。「すごく寒かった」という。

 ビリー・J・クレイマーなどブライアン・エプスタイン傘下のアーティストらが登場し、ビートルズはトリを務めていた。バラカンさんはいう「ビートルズは見えたけれど、何も聞こえなかった。周りの女の子たちのキャーという声がけたたましかった」。

 バラカンさんは、ビートルズが’66年にライブを止めた大きな理由は自分たちの演奏さえ聞こえないからだったのではないかという。リンゴ・スターは前にいる3人のお尻のふり方を見て、どこを演奏しているか判別していると言ったぐらいだ、とバラカンさん。

 バラカンさんはリアルタイムでビートルズを聴いていった。シングル盤はA面だけでなくB面も聴きこんだ。「ビートルズは特にB面にいい曲を入れていました。他の歌手であればB面なんて聴くに値しないものもあったけれど、ビートルズにはつまらないB面が一つもなかった」。そしてバラカンさんは特に好きなB面曲として「ジス・ボーイ」、「イエス・イット・イズ」、時代を下って「ユー・ノウ・マイ・ネーム」を挙げた。

 ビートルズの曲で一番好きなのは「いまだに『ツイスト・アンド・シャウト』」だという。バラカンさんは「アイズリー・ブラザース(のオリジナル)よりビートルズのカヴァーの方が好きだな。名カヴァーだと思う」と語る。他にオリジナルに劣らないと思うのは「ユー・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」や「ロックン・ロール・ミュージック」。

 映画『ハード・デイズ・ナイト』も一週間に二度見るほどで「あまりにもかっこよかった」とバラカンさんはいう。ビートルズ映画の中でも「断トツのおもしろさ。ほとんどドキュメンタリーを見ている気分で、彼らは自分をそのまま出している感じです。また脇を固めている俳優たちもテレビでよく知っている性格俳優でおもしろかった」。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル