top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『355』ジェシカ・チャステイン、食事さえ得られない貧困のなか「多くの恨みを抱えて育った」

フロントロウ

俳優のジェシカ・チャステインが、自身の過酷な育ちを明かした。(フロントロウ編集部)

貧困家庭で育ったジェシカ・チャステイン

 2011年の映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』でアカデミー賞助演女優賞に、2012年の『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジェシカ・チャステインは、女性アンサンブルによる本格スパイ・アクション映画『355』で制作も務め、活動の幅を広げている。

 超名門大学のジュリアード音楽院出身で、順調にキャリアを築いてきたジェシカ。しかしその生い立ちは過酷なものだった。英The Timesのインタビューでジェシカは、「みなさんは私に対して、実際とは異なる生い立ちを想像していると思います」と話す。

 4人の兄弟姉妹を持つジェシカは、彼女の母親が16歳の頃に生まれた。彼女の母親はシングルマザーで、彼女の家庭は貧困状態だったと言える。ジェシカは2017年にIrish Timesで、夜ごはんを食べずに寝なくてはならないこともたくさんあったと明かしている。

 「私には反抗的な側面があります。多くの恨みを抱えて育ちましたから。だって、私たちには物がなかったですから。食料さえも」

広告の後にも続きます

 英The Timesのインタビューで強い思いを口にする彼女は、女性の権利のために活動してきた。ジェシカの芯の通った性格のルーツは、ここにあるのだろうか。

 そして、日々の食事にさえ困っていたジェシカは、もちろん演技のクラスを受けるお金もなかった。そんな彼女を支えたのは、周囲の大人たちだった。演技のクラスを開講している学校がジェシカを雇い、それによってジェシカはクラスに参加することができたという。


ジェシカの人生に選択肢を与えた慈善活動

 また、彼女の人生で大きな役割を担ったのが、人工妊娠中絶から避妊薬の処方や乳がん検査まで多くの医療サービスを提供しているNGO団体Planned Parenthood(プランド・ペアレントフッド)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル