top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中村勘九郎・中村七之助インタビュー 17年目となる巡業公演への想い、演目にかける意気込みとは

SPICE

(左から)中村七之助、中村勘九郎



2005年から続く中村勘九郎中村七之助を中心にした巡業公演。2022年は『春暁特別公演』を全国16ヶ所で、中村勘太郎と中村長三郎を交えた『陽春特別公演』を全国5ヶ所で行うことになった。それぞれの見どころや演目にかける意気込み、そして17年間という長きにわたって続けている巡業公演が勘九郎と七之助にとってどのような存在なのか、想いを語ってもらった。

取材はコロナ禍感染対策のためリモート。最初、勘九郎の音声が聞こえないという音声トラブルがあったが、七之助が「僕、先に話します」と冷静かつ、笑いも交えて場をフォローした。ふたりはどちらかがぴしっと締めるとどちらがかが笑わせるなど、常に緩急のある空気を作っていて、舞台のみならず、会見の場でも兄弟が抜群の呼吸で補い合っていることを感じさせた。

ーー今年の巡業公演はどういう内容になりますか。

勘九郎:私たちにとりまして大事な巡業公演が今年も行われること、そして去年から参加した子どもたちが今年も参加できることを嬉しく思います。それもこれも、コロナ禍、お客様に安心安全に歌舞伎を見ていただけるように、徹底的に感染対策をしてくれているスタッフのおかげと感謝しています。現在、第6波がやってきていて、3月にはどうなるかわからない状況ですが、全国の皆さまに楽しんでもいただけるように準備をしていきたいと思います。

広告の後にも続きます

七之助:2005年から続いていて17年目になります。劇場にお足をお運びになれない方々のところに兄とふたりでうかがおうという巡業企画が、おかげさまで17年。コロナ禍で中止になったこともありましたが、今年またやらせていただきます。今回は『春暁』と『陽春』の2種類で開催します。『陽春』には去年から巡業公演に参加した勘太郎と長三郎も参加します。

勘九郎:17年間、やらせてもらっていて、今年の栃木で念願の47都道府県制覇することになります。本来、2019年に制覇する予定でしたが台風でできなかったので、ようやく夢が叶うことを非常に嬉しく思っています。

(左から)中村勘九郎、中村七之助


ーーそれぞれの演目の見どころを教えてください。

勘九郎:『春暁』の出し物としてはまず『高坏』をご覧いただきます。これは、中村家の芸といっても過言ではないもので、17代目中村勘三郎が現在残っている演出や振り付けをしたもので中村屋にとって大事な1作です。この巡業公演は中村屋のお弟子さんも含めみんなで作りあげていくことをメインにやっていまして、それが叶うことを嬉しく思います。

演目は華やかで、春先取りのような桜満開の中で行われます。このご時世、お花見も自由にできませんが、舞台を見て少しでもお花見気分を味わっていただけたら幸いです。今回、私は『高坏』のための下駄を新調しました。今まで何回も『高坏』を踊らせていただいたときは父の下駄を使っていたんです。やはり人それぞれのサイズ感があるものですから、今回新調しまして、自分の下駄のお目見えが『春暁』公演になります。また、『陽春』の『かさね(『色彩間苅豆』)』は清元の代表作のひとつでございます。ストーリーがしっかりしていておもしろいです。女と男のドロドロした部分と、清元の名調子の美しさの重なり合いが魅力的で、私の好きな作品です。十代のとき、私がかさねをやって七之助が与右衛門をやったことがありましたが、それを見た人は少ないかもしれませんね。今回は男女逆転して、私が与右衛門、かさねを七之助がやります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル