top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハンガーラックや冷蔵庫の仕切りに…つっぱり棒で魅せる収納

女性自身

ハンガーラックや冷蔵庫の仕切りに…つっぱり棒で魅せる収納

「少し前に数えたら、わが家で使用中のつっぱり棒は、全部で70本……あ、昨年末、小型加湿器の置き場を作るために、天井と床の間に縦につっぱるタイプのものを導入してたので、正確には71本でした」

 

こう言って笑うのは、’75年に日本で初めてつっぱり棒を商品化した大阪の日用品メーカー・平安伸銅工業の3代目社長・竹内香予子さん。彼女は自らを“つっぱり棒博士”と称し日々、さまざまなメディアで自社製品はもちろん、他社のものも紹介しながら、つっぱり棒の魅力を精力的に伝えている。

 

「皆さんのなかには、つっぱり棒って『オシャレじゃないし、あくまでも実用アイテム』というイメージがあるかもしれません。でも、それはもう、昔の話なんですよ」

広告の後にも続きます

 

つっぱり棒登場から間もなく半世紀。いまや、インテリアとしても十分アリな製品が販売されていたり、「そんな使い方もできるの!?」という斬新テクがいくつも生まれている。そこで、今回は「つっぱり棒ハウス」とも呼ばれる竹内さん宅の主な使用例5つをもとに、つっぱり棒の新たな使い方を、竹内さんに伝授してもらった。

 

■色や素材感など、お部屋に合わせて選んで

 

【玄関】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル