top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

嫉妬、溺愛、狂気。榊英雄監督『蜜月』- 娘(佐津川愛美)と母(筒井真理子)愛憎シーン映像&場面写真解禁&寄稿も到着!

cinefil

3月25日、テアトル新宿を皮切りに全国ロードショー公開される映画『蜜月』。

『捨てがたき人々』など、これまで社会の片隅で生きる男たちを描き定評のある榊英雄監督が、7年越しに取り組み、リアルな親としての感情をぶつけ、“家族の愛”という新境地を切り開いた。

『MOTHER マザー』など一貫して社会的抑圧や差別を題材にした作品を生み出した脚本家・港岳彦によるオリジナル脚本。ヒロインを演じたのは、自身の監督作を発表するなどマルチに活躍する佐津川愛美。傷つきながらも愛を求め一線を越えてしまう17歳、秘密を抱えながら夫を愛し平穏な暮らしを望む32歳、過酷な家族環境下、懸命に生きる一人の女性の成長という難役を見事に演じきった。
美月の母五十鈴役に、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞作『淵に立つ』(16/深田晃司監督)で第71回毎日映画コンクール女優主演賞など多数の賞を受賞した演技派女優筒井真理子。
美月の義父靖男役には独特な存在感が光る俳優板尾創路。
美月の義弟伊織役に、大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の子供時代を愛嬌たっぷりに演じお茶の間の人気者となった濱田龍臣。伊織の恋人香澄役にネクストクリエーターから引手数多な森田想。
陶芸家で美月の夫哲郎役に、ジム・ジャームッシュ監督『パターソン』(16)などで日本人俳優として初めて出演作が3年連続でカンヌ国際映画祭出品となった国際派俳優永瀬正敏。

この度、娘(佐津川愛美)と母(筒井真理子)の怖くて切ない愛憎シーン特別映像と、過去と現在が交錯するミステリアスなポスタービジュアルが新規スチール7点とともに解禁となりました。
さらに、家族社会学者・永田夏来さんによる寄稿も到着いたしました。

【ポスタービジュアル】

©2022「蜜月」製作委員会

広告の後にも続きます

主人公の美月(17歳)の“秘密の情事”を、現在の美月(32歳)が意志的な射るような眼差しで見つめている。金色の蜜の色彩が、甘く危険な香りを際立たせる。「母にはできないことをしました」と、15年間隠してきたことを告白しているストーリーになっており、観る者の心を鷲掴みするミステリアスなポスタービジュアルに仕上がっています。胸にささるコピー「母には…」は港岳彦の脚本から名セリフをとったもの。

【特別映像】

母五十鈴(筒井真理子)は娘美月(佐津川愛美)の少し派手な下着をハサミで切り刻む。娘は母の用意した地味な下着を火にくべる。
その美月を追いかけ、髪をつかんで引きずり倒す五十鈴。夫靖男(板尾創路)は慌てて止めに入る。見つめる義弟伊織(濱田龍臣)。
気まずい食卓。ふと五十鈴は泣きながら美月を抱きしめる、美月も泣いて五十鈴に縋る。
桜並木。美月は杖を突いた五十鈴を伴って歩く。五十鈴、厳しい顔で娘の腕を振りはらう。

【スチール写真】

①道、靖男、後ろめたそうな顔つきで歩いていく、美月、他人のふりで歩いていく――

©2022「蜜月」製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル