top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ラックの最下段を使わない理由に納得 「ここはボクが入るので」

おたくま経済新聞

 猫は狭いところが落ち着くので、隙さえあれば「かくれんぼ」をしがち。入り込むところは空き箱やソファの隙間、タンスやクローゼットの引き出しなど様々です。

 飼い主さんも心得たもので、時には猫さんの居場所を意図的に用意しておく、ということも。とあるお家では、キッチンラックの最下段に物を入れない理由がTwitterで明らかにされました。

【元の記事はこちら】

 2020年生まれの女の子、月ちゃんと、2021年生まれの男の子、しらたまくん。真っ白な毛並みがきれいなスコティッシュフォールドの2匹は、姉弟のように仲良く暮らしています。

 まだまだ子猫のしらたまくんは冒険心が旺盛で、遊ぶことが大好き。飼い主さんはある日の光景を「ラックの一番下を空っぽにしてる理由」とツイートしました。

広告の後にも続きます

 添えられた写真を見てみると、キッチンラックの最下段に入り込み、辺りを見回しているしらたまくんの姿。ちょうどよい隠れ場所になっているようです。

 飼い主さんにうかがうと、この場所は以前、お姉ちゃん格の月ちゃんがよく入っていたとのこと。「初めて月ちゃんが入ってた時には、まさかこんな所にいるとは思わないので30分以上探し回ってしまいました(笑)」と、当時を振り返ってくれました。

 どうやら月ちゃんが入っているのを見て、しらたまくんは「お姉ちゃんが入ってる場所、どんな感じなんだろう?」と気になった様子。いつしか真似をして、ラックの中に入るようになったそうです。

 2匹で場所の取り合いになったりしないのかな?と思ったのですが「仲良く入ったりも、取り合いになることもありません」と飼い主さん。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル