top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ショパンの人生の機微を詩的に、鮮やかに甦らせる~ピアニスト・務川慧悟が導く深淵なる音の世界

SPICE

務川慧悟



2021年12月18日(土)、東京のサントリーホール・大ホールでピアニスト務川慧悟のオール・ショパン プログラムによるリサイタルが開催された。務川にとって初めてのサントリーホールでのデビューリサイタルであり、初の全ショパンプログラムに挑むという意義あるコンサートとなった。

暮れも差し迫る12月18日(土)の午後、東京・赤坂のサントリーホール・大ホールは満席の客入りだ。12月らしい華やかな雰囲気とファンの期待や熱気が入り交じり、終始、会場は活気に満ちていた。客席には務川が所属する音楽事務所の社長でもあるピアニストの反田恭平もおり、盟友のサントリーホール デビューリサイタルを見守っていた。

反田恭平、務川慧悟


演奏曲目はアンコールの一曲を除き、すべてショパン作品での構成。務川自身、事前のインタビューで「プログラムは調性や作曲年代などの基本的な要素に加え、それぞれの作品の関係性を重視し、網の目のように思いを巡らせながら作り上げた」と語っていたが、文字通り、完璧な構成と流れを生みだしていた。

広告の後にも続きます

本プログラムではショパン十代の初期の作品から円熟期を経て、晩年に至るまでの8作品が時系列に演奏された。一見するとショパンという作曲家の人生を俯瞰するバランスのよい作品構成に終始しているかのようにも思えるものだが、実際、この日の務川の演奏を通して、その一連の流れの中にショパンという作曲家が歩んだ人生の機微がいかに一つのストーリーのように描きだされているかを感じ取ることができた。


ショパンの生き様がどれほどまでに‟愛と憤り” ‟安らぎと失意” など、あらゆる対極の運命に翻弄されたドラマティックなものであったか、その人生における ‟光と影” を務川は一連の流れの中で詩的に鮮やかに甦らせていた。それは作曲家の内面の奥深くに潜む真の感情を一つひとつ抉(えぐ)りだす膨大な作業の積み重ねでもあり、あたかも務川にとって、ショパンという「心を寄せ合う友(務川談)」との日々のたゆみない対話の中から紡ぎだされた一つのドラマのようにも感じられた。演奏家としての実力もさることながら、ショパンという作曲家に対する愛情と憧憬に満ちた等身大の務川の思いを感じ取れる印象深い内容だった。

また、それらの多彩な作品群を一つのストーリーを描きだすように一気に弾き上げた務川の集中力と意志の強さにも感心させられるものがあった。恐らく、その密度の濃い凝縮された時をともにする聴衆もかなりの集中力を要求されたのではないだろうか。

しかし、務川の紡ぎだすシルクのような美しい音の味わいと洗練された詩的な表現、そして無駄な言葉を削ぎ落とした求心力のある歌心は聴き手の心を鷲づかみ、おのずと空間を席巻する深淵なる音の世界へとのめり込むように聴く者たちを魔法にかけてしまうのだ。


では、当日の演奏を少し振り返ってみよう。

一曲目はショパン10代半ばの知られざる作品 ドイツ民謡「スイスの少年」による変奏曲 ホ長調。輝かしい下降形のアルペッジョとともに始まる冒頭。高音部の軽やかな煌めきが印象的だ。短い序奏の後、かわいらしい主題へ。山を駆けめぐるハイジの姿を思い起こさせるような、屈託のない明るい旋律を情感豊かに奏でる。変奏曲形式の作品だが、務川は数々の小曲を陰影豊かに立体的に紡いでゆく。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル