top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2022年も関西でアートを楽しもうーーリニューアル&新設美術館や日本初来日多数『イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜』など見逃せないアート情報5選

SPICE


新しい年が明けて、早くも20日が過ぎようとしている。読者の皆さんは、もう2022年のアート初めをしているだろうか。筆者は昨年入場券を購入したけれどまだ行けていなかった、『コレクター福富太郎の眼 昭和の名実業家が愛した珠玉のコレクション』展(あべのハルカス美術館にて1月16日(日)まで開催)がアート初めだった。その後に東京でも展覧会を観てきたのでその感想も交えながら、今回は新年一発目のコラムとして、2022年にリニューアルオープン・新館ができる西日本の美術館の紹介と、直近で開催される必見の展覧会『印象派・光の系譜』を紹介しよう。

先日、東京森美術館で終了間近に迫った『アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人』と、21_21 DESIGN SIGHTで開催中の『2121年 Futures In-Sight』展を観に行った。

『アナザー・エナジー展』は、出展作家が全員70歳以上の女性作家のみで構成されており、最高齢は106歳。今でこそ、女性が社会的な立場や扱いについて声を上げやすくなっているが、彼女たちは女性であることで受けた不当な扱いや疑問を作品に昇華し、世の中に提示してきた。50年以上作家活動を続けてきた彼女らの言葉と作品から感じる、なみなみならぬ情熱と探究心、好奇心、そして挑戦する力は、ものすごいパワーでこちらへ向かってきた。

対して『2121年 Futures In-Sight』展では、パンデミックが私たちの生活様式やコミュニティのあり方、物事の考え方や価値観に及ぼした劇的な変化を目の当たりにした上で、これからの未来をどう考えるかを、「Future Compass(未来の羅針盤)」というツールをきっかけに、作家や有識者が「未来への問い」を、作品や言葉で表現していた。両展示を通し、図らずも「時間の流れ」を考える体験をした。

50年を超える作家人生から生み出された作品の展示と、これからの100年を考える展示。これらの展示から、人間の本質は想像力だなと思った。私たちは、思い込みの世界で生きている。作品を通して知らない世界や背景を知る。それもアート鑑賞の役割のひとつだ。ただそれだけではなく、知ったあとにどうするか。「自分はどう見るか、何を感じるか」に目を向けて鑑賞してみてはいかがだろうか。そうすることで、生まれる感情や自分の体験と結びつけることができる。その行為が、思い込みを覆し、世界を広げてくれる。それはきっと人生にとって大きな意味を持つだろう。2022年には西日本で美術館が新設、リニューアルオープンされ、この体験の場がさらに拡大する。

2022年にリニューアルオープン・新館ができる西日本の美術館

1.ベネッセアートサイト直島

広告の後にも続きます

ヴァレーギャラリー 撮影=矢野勝偉 


●杉本博司ギャラリー
住所:香川県香川郡直島町琴弾地(ベネッセハウス パーク内)
開館:2022年3月
鑑賞料金:検討中

●ヴァレーギャラリー
住所:香川県香川郡直島町琴弾地
開館:2022年3月
鑑賞料金:ベネッセハウス ミュージアムの入館料に含む


瀬戸内海に浮かぶ直島、豊島、犬島を舞台にベネッセホールディングスが展開する「ベネッセアートサイト直島」。今年30周年を迎える同施設に、2022年3月、新しいアート施設「杉本博司ギャラリー 時の回廊」と「ヴァレーギャラリー」がオープンする。

ヴァレーギャラリーは、世界的な建築家・安藤忠雄の設計によるもの。ベネッセアートサイト直島では9つ目の安藤建築となる。既設のベネッセハウスと地中美術館の間にある、李禹煥美術館向かいの谷間に沿うよう、祠をイメージして建てられた。内部空間は内省的ながら、半屋外建築であることにより、光や風など自然エネルギーの動きも直接的に感じ取れる。

ヴァレーギャラリー 撮影=矢野勝偉


建物内外では、草間彌生の「ナルシスの庭」が大規模に展示される。また、2006年より池の横に恒久展示されている小沢剛の「スラグブッダ88-豊島の産業廃棄物処理後のスラグで作られた88体の仏」も一部改変し自然、建築、アートの共鳴をより深く体験できるように設置される。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル