top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

為末大さんに聞く! スポーツをすると幸福度が上がるって本当ですか?

パラサポWEB

未曽有のコロナ禍によって、これまでの生き方について深く考えさせられたのと同時に、外出がはばかられる状況で深刻な運動不足にも悩まされた2020年~2021年。心と体の繋がりの重要性に気づかされ、これまで以上に運動への意識が高まった機会でもあった。そこで、改めてスポーツ・運動することの意義、メリットについて、執筆活動や会社経営など幅広く活躍している為末大さんに、「幸せ」という切り口でお話を伺った。為末さんが考えるスポーツと幸せの関係性とは?

100歳になると幸せ度アップ!? 幸せになるための物の見方

――今回、スポーツと幸せの関係性についてお伺いしたいのですが、まずは為末さんが考える幸せの定義とはどのようなものでしょうか?

壮大なテーマですね(笑)。結論を先に言うと、結局、「自分の状態」とその「状態をどのように評価するか」、この二つで幸せが決まっていると思うんですね。100歳を超えた方について研究している慶応大学の先生がいらっしゃるんですが、こんな話があって。100歳を超える確率は、オリンピックに出場するよりも低いそうなんですね。100歳まで幸福度は基本的に下がる傾向にあるんだけど、100歳を超えると逆に上がっていくそうなんです。それはなぜかと分析すると、「何ができなくなっていくか」というのが100歳までの基本的な物の見方なんです。100歳以降は「いま何ができるか」、という見方に変わって幸福度が上がるそうなんです。これが物の見方と幸福度の最たるものかなと。

一方で「自分の状態」も大切なので、まわりに会話する人がいて豊かな感じがするとか、孤独でさびしいとか、仕事がうまくいっている、うまくいっていない、といったものも影響する。例えば、仏教は物事を捉える自分側(内側)を洗練させれば苦しみから逃れられるという考えで、資本主義は今の自分の状態(外側)が豊かになると幸せになるという考え。そういうロジックだと思うんですけど、この二つの間でバランスを取りつつ、幸せを求めていくのかなと思います。

――物の見方というところで、現代の私たちはなかなかポジティブに捉えられず、ネガティブに捉えがちな傾向もある気がしますが、なぜだと思いますか?

広告の後にも続きます

日本が置かれている状況が少子高齢化というのもあって、他国と比較すると少しずつ厳しくなってきているというのがひとつ。もうひとつはテクノロジーの発達が世界中を襲ってきていて、みんなが10年後自分の仕事がまだあるのか、どうなるのか分からない、という漠然とした不安に苛まれていると思うんです。この不安感が子どもたちにも伝わっている側面があるのかなと。日本国内でも80~90年代に出来上がった強固なシステムが残っていて、その価値観と新しい価値観の間ですごく揺らいでいる。

テクノロジーの発達が、幸せをおびやかしている例として分かりやすいのが、ブータンという国。世界一幸せな国と言われていたんですが、最近は国民総幸福量(GNH)が少しずつ下がっているそうです。原因はブータンの若者たちがインターネットで世界中の若者の情報を見て、こんなに楽しそうな世界がある、こんなに幸せそうな人がいると比較してしまったこととされています。インターネットは情報を集めるのに便利ではあるんだけど、見なくてもいいことも入ってきちゃって心をかき乱されてしまうという側面がある。これは少なからず誰しにもあって、適切に情報を制限して自分の心の平穏を保ちながら、一方でいろいろな情報にふれるのは素晴らしいことなのでふれていく。この加減がみんなまだうまくつかめていない、という印象があります。

――情報の精査が必要だと。例えば暗いニュースばかり目にすると気分が悪くなったりするので、ニュースダイエットが必要だという話もありますよね。でも知識欲の面で色々な情報を知りたい。そのバランスの取り方でコツみたいなもの、ご自身で実践していることはありますか?

「(自分にとって)いい人を見つける」に尽きるんじゃないかと思うんですよ。僕は主張の強い方もそんなに嫌いではないのでSNSをフォローしていたりするのですが、投稿を見ながら、なるほどこういう情報があるんだなと思いながらチェックしています。どこから情報を得るか、それをコントロールするのが一番大事な気がしています。

結局、心の状態とのバランスだと思うんですよ。この人が発信している情報は全体的に好きだなと思うものをまずフォローして、それにプラスしてこの人の情報はあまり好きではないなというのも、あえて少し接するようにしておく。同じ価値観の人だけではなく、違う考え方の人の情報も入れることで、僕はバランスを取っています。なので情報チェックする人も意識して定期的に入れ替えを行っています。そういった情報のコントロールをしていると、入ってくる情報がかなり変わるなという印象があります。自分なりに、情報源を編集するのが大事だと思いますね。

ルーツは生命の誕生にあり? 「体を動かす」ことは生きることそのもの

――自分とは違う意見の人もフォローしてバランスを取る、というのは面白いですね。そういった心の面の健康も重要ですが、心身ともに健康になるために、日常的にスポーツなどで体を動かすことはやはり大切ですよね?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル