top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

手塚眞監督の長編デビュー作『星くず兄弟の伝説』と最新作『ばるぼら』が上映! 手塚監督からその過去と現在の深い関係、不思議な縁を解き明かすコメントが到着!

cinefil

代官山のシアターギルド にて、シリーズ企画として開催される著名な映画監督の“原点と現在”を探る企画第2弾として1月22日(土)から27日(木)まで手塚眞監督の長編デビュー作『星くず兄弟の伝説』と、最新作『ばるぼら』+そのデビュー作から30年後に作られた『星くず兄弟の新たな伝説』が特集上映されます。

この度、その手塚監督から、今回の特集上映にあたってコメントが寄せられました。

以下、手塚監督からのコメント

 映画作家の「過去」(デビュー作)と「現在」(最新作)を見せるという特集。
いや、すでに上映された映画はすべて「過去」に違いない。作家の「いま」は、これから作る映画だから。だけれども過去の作品はときとして「いま」以上に本人に語りかけてくる。「君の映画はここにあるよ」と。きっとぼくの映画たちは、本人以上に自分のことがわかっているのだろう。

 デビューの頃、ぼくはまだ24歳で、若くて愚かだった。愚かだったから、『星くず兄弟の伝説』を作ることができた。今となってはそれが誇りだ。歳を経て、もう一度愚かな若造に戻りたいと思った。その気持ちを具現化したのが『星くず兄弟の新たな伝説』だ。しかし愚かさを演ずるのはなかなか難しい。演じない自分の気持ちに自然に従ったら、『ばるぼら』が出来た。若くもなければ愚かでもないが、いまはそれが心地よい。

広告の後にも続きます

ぼくの映画はわかりにくいという観客がいらっしゃるが、自分ではごくシンプルだと思っている。
『星くず兄弟の伝説』は「ポップ」というものを映画で表現したかった。
続編『星くず兄弟の新たな伝説』では「ライブ」というキーワードで演出した。
『ばるぼら』は「愛と狂気」。それ以上のなにものでもない。

『星くず兄弟の伝説』と『ばるぼら』

一見真逆のような作品ですが、実はふかい関係にあります。無かったことにしていた不幸なデビュー作から30年経ち、心機一転『ばるぼら』を作ろうとしていたのですがなかなか実現せず、そこへ降って沸いたように続編『星くず兄弟の新たな伝説』を作るハナシになって、『ばるぼら』はお預け。そのとき再上映された『星くず』旧作にハマったプロデューサーのアダム・トレルさんが各国の映画祭に売り込んで、世界のカルト・ムービーにしてしまった。その勢いで『ばるぼら』のプロデューサーも買って出てくれたのは、撮影監督クリストファー・ドイルさんと仕事をしたことがあったから。つまり『星くず』がなかったら『ばるぼら』もなかったかもしれないという不思議な縁なのです。

ー手塚眞

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル