top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

加藤浩次、自身の布団で予想外の女性が寝ていた過去「怖かった」

SmartFLASH

 ある日、加藤が部屋にいないときに目覚まし時計が鳴り、「大家のおばあちゃんが止めに入ってきて『今日はいないんだ』ってそのまま布団で寝ちゃった」と回想。

 

 加藤は予想外の事態に「怖かったよ」と笑っていた。そんな衝撃体験に、SNSではさまざまな意見が書き込まれた。

 

《加藤の貧乏時代のアパートの話面白すぎ!(笑)》

広告の後にも続きます

 

《大家のおばあちゃん、加藤さんのことを本当の孫みたいに思ってたんじゃないかな 》

 

《大家のおばあちゃんが合鍵で入って、目覚まし時計を泊めて寝る加藤さんエピソード面白すぎ》

 

「同番組で加藤さんは、3万2000円の風呂なし、共同トイレのアパートに住んでいたことをコメントしています。

 

 当時、相方の山本圭壱さん、月亭方正(当時・山崎邦正)さんの3人で部屋で騒いで遊んでいたそう。

 

 2人が帰宅後、『向かいの部屋のおじさんが出刃包丁持ってきて、“うるせぇ、コノヤロウ、殺すぞ!” って』と口論に。

 

 さらに、包丁を2本持参したその男性から『お前、1本持て』と言われ、加藤さんは『すごいキレイな土下座をした。申し訳ございません』と急いで謝罪して、事なきを得たことを話していました」(芸能ライター)

 

 若い頃から加藤は刺激的な経験をしてきたのだ。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル