top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JUSC・UOCが「FISE HIROSHIMA 2022」の中止を決定

FINEPLAY

一般社団法人日本アーバンスポーツ支援協議会(会長:渡辺守成、以下 JUSC)、一般社団法人アーバンスポーツ大会組織委員会(以下 UOC)は、本年( 2022 年 ) 3 月に広島県広島市で開催を予定していた「FISE HIROSHIMA 2022」の中止を決定した。

今回の決定は、政府が新型コロナウイルス感染症の水際対策強化として、昨年 11 月 30 日からの外国人の新規入国停止が実施されており、海外からの選手及び関係者の入国に関して今後の見通しがたたない事、現在の国内の感染状況及び 2022 年 4 月以降は会場である旧広島市民球場跡地が改修工事により 2023 年 3 月末まで使用ができないという状況から、国際大会である『 FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 』の開催は現状では困難との最終的な判断となった。

JUSC 渡辺守成会長 コメント

2018 年 4 月、日本国内ではまだ「アーバンスポーツ」という言葉さえ知られていない時期に、広島は時代に先駆けて日本で初めて「FISE」を開催してくださいました。「スポーツ界の黒船襲来」と騒がれ、若者だけでなく多くの方々に感動を与え「東京 2020 オリンピック」でのアーバンスポーツの成功に導きました。 そして、「 FISE HIROSHIMA 2022 」は東京 2020 オリンピックのレガシーとして IOC 内においても重要な大会として位置づけられておりました。今回の中止決定はたいへん残念でございますが、「 FISE HIROSHIMA 」で灯されたアーバンスポーツの輝きを今後はさらに発展させ、世界のアーバンスポーツの発展に貢献をして参りたいと存じます。引き続き、皆さまのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

The post JUSC・UOCが「FISE HIROSHIMA 2022」の中止を決定 first appeared on FINEPLAY.

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル