top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

温泉道場が運営する温浴施設6か所で「年賀状割」実施中 独自の当選番号を設定

OVO

 お手元のお年玉付き年賀はがきで、温浴施設に無料で入れるかもしれない。温泉道場(埼玉県ときかわ町)は運営する温浴施設6か所で2022年(令和4年)のお年玉付き年賀状の「独自の当選番号」で、施設の入館料が割引あるいは無料になる「年賀状割」を2月末まで実施中だ。

 年賀状右下のくじ番号の、①下2桁が「26(ふろ)」または「04」の人は入館料を200円割引、②下4桁が「2022」あるいは「1126(いいふろ)」の人は入館が無料になる。年賀はがき一枚につき一名・一回限り有効。

 実施施設は―—昭和レトロな温泉銭湯・玉川温泉(埼玉県比企郡ときがわ町)、おふろcafe・白寿の湯(埼玉県神川町)、おふろcafe・utatane(埼玉県さいたま市)、おふろcafe・ハレニワの湯(埼玉県熊谷市)、BIO-RESORT HOTEL&SPA O PARK OGOSE(埼玉県越生町)、四日市温泉・おふろcafe湯守座(三重県四日市市)。

 温泉道場は「『おふろから文化を発信する』を企業理念としており、日本の古き良き習慣である『年賀状』をあらためて思い返す機会となるよう、毎年この企画を実施しています」という。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル