top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ゲレンデがとけるほど恋したい』清水美砂 米国生活で気づいた「冬は苦手」

SmartFLASH

 

 寒い日本の冬が活気に溢れていたのは、雪景色を彩る美女の存在があったからだ。彼女たちが魅せた笑顔、名演技、歌声、熱戦の数々が多くの日本国民を勇気づけたーー。一世を風靡した “ウインター美女” たちが、当時の舞台裏を初告白!

 

「辛島美登里さんの『真白な…』という透き通った声を聞くと、今でも(仙道)敦子さんのキラキラした瞳を思い出すんですよね」と懐かしそうに話すのは清水美砂だ。

 

広告の後にも続きます

 

 出演した1990年放送のドラマ『クリスマス・イヴ』(TBS系)は、最終回の視聴率が20%を超えるヒット作に。辛島美登里が歌う『サイレント・イヴ』も大ヒットした。

 

「NHKの朝ドラ(1989年放送『青春家族』)でヒロインを演じた後、清純な役からいきなり不倫をする役。私はまだ20歳前で、奥さんのいる方を好きになる気持ちがわからなくて。でも、役者としてはチャレンジになった役でしたね」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル