top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

YouTuberジェイク・ポール、マイク・タイソンと対戦か!?

yutura

先日『フォーブス』より発表された「2021年に最も稼いだYouTuber」として2位にランクインした「ジェイク・ポール」(登録者数2040万人)。YouTuberボクサーとしての地位を確立しつつある彼と、元世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンとの対決が現在両者の代理人によって交渉中であると報じられました。
(関連記事「2021年、最も稼いだYouTuberは年収62億円」)

お騒がせYouTuber 対 伝説のボクサー

マイク・タイソン(55歳)。その名はボクシングファンでなくても誰もが知っている、2005年に現役を引退した元ヘビー級チャンピオン。2020年には、ロイ・ジョーンズ・ジュニアとのエキシビジョンマッチで15年ぶりにリングに戻ったことも話題となりました。この試合は、終始タイソンが圧倒する展開でしたがドローという結果に。タイソンには10億円以上の報酬があったと言われています。

▼タイソンの名勝負を振り返る動画

一方、“お騒がせYouTuber”として知られるジェイクはYouTuber「AnEsonGib」(登録者数230万人)とのボクシング対決企画で2020年1月にプロボクシングデビュー、その後現在までに5戦中5勝と、ただの「YouTuberボクサー」とは言わせない活躍を見せています。昨年6月にはボクシング元世界5階級制覇のフロイド・メイウェザーとのエキシビションマッチでも話題となりました。

ちなみにジェイクの第2戦は、タイソンが15年ぶりにリングに復帰したエキシビジョンマッチの前座でした。

もともとは、ジェイクの兄である「ローガン・ポール」(登録者数2330万人)がタイソンとの対決を望んでおり、タイソンも準備をしていたようですが、昨年末に元世界ウェルター級チャンピオンのタイロン・ウッドリーからKOを奪ったジェイクに興味を持ったようです。

 

Ver esta publicación en Instagram

 

Una publicación compartida de Mike Tyson (@miketyson)

広告の後にも続きます

驚きの経済効果が期待

この対決は、2022年末にラスベガスが候補地として挙がっており、もし実現されるとなれば、破格のペイパービュー(PPV、有料視聴)が期待され、日本円で約56億円を稼ぐビッグマッチとなると予想されています。

元世界チャンピョオンとボクシングで荒稼ぎしているYouTuberの31歳差対決。

タイソンにとっては破格の報酬を手に入れるチャンスであり、ジェイクにとってはかつて「地球上で最悪な男」として名を馳せたタイソンと同じリングに上がることで、彼のボクシングキャリアを世界に示せる一戦に。
果たして試合は実現するでしょうか。

 

参考: The Sun
https://www.thesun.co.uk/sport/boxing/17351009/mike-tyson-jake-paul-exhibition-boxing-fight/

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル