top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

DeNA・昨年の経験を糧に隙のないチームづくりへ【2022最新メンバーリスト】

週刊ベースボールONLINE

いよいよ2022年がスタート。各チームの補強も最終段階に入ろうとしている。ここでは最新メンバーリストを戦力分析とともにお届けする。
※情報は2022年1月9日現在


就任2年目を迎える三浦監督。戦力を整え、万全の状態で開幕を迎えたい

[2021年成績]セ6位 54勝73敗16分、打率.258、防御率4.15

 ちょうど1年前は2選手が巨人にFA移籍し、戦力のやりくりに頭を悩ましていたが、今年は状況が異なるようだ。宮崎敏郎、山崎康晃をはじめ国内・海外FA権を取得した選手がそろって残留したのは朗報。今オフは宮崎が6年の大型契約にサインしたのをはじめ、FA組以外でも三嶋一輝が3年、桑原将志も4年と長期契約を結んだのが目についた。生え抜きの人材流出を危惧しての対応であることは確かだろう。

 ピープルズ、シャッケルフォードは契約保留選手名簿から外したが、主力助っ人とは早々に契約更新を済ませ、手抜かりなし。新人以外の新戦力としては、野手では藤田一也、大田泰示の獲得で選手層の強化を図った。心配されるのがリリーフ陣。長身右腕・クリスキーを獲得したものの、未知数の部分は大きい。何らかの手立てを打つ必要はありそうだ。

 チームスタッフには石井琢朗、鈴木尚典、斎藤隆の1998年優勝メンバーがコーチに起用され、三浦大輔監督の強力サポートを誓う。あくまでグラウンドでプレーするのは選手たちではあるが、レジェンドOBの古巣復帰をファンは熱烈歓迎。チームをあと押しする流れとなる。

担当記者のこの男の“ココ”に注目! 藤田一也



内野手/#3

古巣復帰にかけるチーム最年長39歳

 楽天で指導者へのオファーがありながら現役続行にこだわったのは、「やり残したこと」があったからだ。そう長くない現役生活を古巣でどう過ごすのか。チーム最年長となる39歳。横浜で一花咲かせる姿を見たい。(T)

横浜DeNAベイスターズ 2022 メンバー表


注釈:○=新加入、△=移籍、□=復帰、★=21年オフに支配下から育成、■=背番号変更、名前横は背番号、空欄は未定
【監督】
81三浦大輔

【一軍コーチ】
83青山道雄、△75石井琢朗、□77鈴木尚典、□91斎藤隆、73木塚敦志、97田中浩康、71小池正晃、△80相川亮二、76田代富雄

【二軍監督】
87仁志敏久

【二軍コーチ】
82万永貴司、90大村巌、84嶋村一輝、70下園辰哉、78大家友和、□94小杉陽太、88永池恭男、85柳田殖生、74鶴岡一成、89藤田和男

【投手】
11東克樹、12阪口皓亮、13伊勢大夢、14石田健大、○15徳山壮磨、16大貫晋一、17三嶋一輝、○18小園健太、19山崎康晃、20坂本裕哉、21今永昇太、22入江大生、26濱口遥大、27上茶谷大河、○30三浦銀二、34平田真吾、35三上朋也、40松本隆之介、41櫻井周斗、42F.ロメロ、○43深沢鳳介、46田中健二朗、47砂田毅樹、48京山将弥、53池谷蒼大、54浅田将汰、56高田琢登、62エドウィン・エスコバー、■64中川虎大、65宮國椋丞、67有吉優樹、○ブルックス・クリスキー、

【育成投手】
★059平良拳太郎、100宮城滝太、101石川達也、102加藤大、109Y.ディアス、110スターリン、○ H.マルセリーノ、

【捕手】
10戸柱恭孝、29伊藤光、32益子京右、36高城俊人、39嶺井博希、50山本祐大、57東妻純平、

【育成捕手】
○104東出直也

【内野手】
2牧秀悟、△3藤田一也、4伊藤裕季也、5倉本寿彦、6森敬斗、9大和、31柴田竜拓、○33粟飯原龍之介、38田中俊太、44小深田大地、51宮崎敏郎、55田部隼人、60知野直人、66山下幸輝、99ネフタリ・ソト

【外野手】
△0大田泰示、00宮本秀明、1桑原将志、7佐野恵太、8神里和毅、23T.オースティン、37楠本泰史、52細川成也、○58梶原昂希、61蝦名達夫、63関根大気、

【育成外野手】
★028勝又温史、○103村川凪、○105大橋武尊

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル