top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

NMB48梅山恋和&本郷柚巴 消費者庁で若宮大臣を表敬訪問“大人になったらしたいこと”を伝える!

ジェイタメ

2022年4月から成年年齢が18歳に引き下げられることに伴い、消費者庁で行われている「成年年齢引下げに伴う消費者教育全力キャンペーン」。このキャンペーンのPR強化に関連して、NMB48の梅山恋和と本郷柚巴が1月18日(火)、若宮健嗣内閣府特命担当大臣を表敬訪問した。

18歳の梅山と19歳の本郷は、訪問前には緊張の表情を浮かべていたが、懇談では大臣の話を熱心に聞き、「成年になったらしたいこと」などの質問にも丁寧に受け答えをした。大臣も2人の言葉に真摯に耳を傾け、終始和やかな対談となった。

消費者庁では昨年11月から「成年年齢引き下げに伴う消費者教育全力キャンペーン」を行っている。このキャンペーンの一環として実施された動画投稿イベント「18歳から大人!ゆりやんとつくるラップ動画チャレンジ」では、「18歳から大人になる気持ち」をテーマに、ゆりやんレトリィバアのラップに合わせたダンスや特技の動画が一般に公募された。最終的に、462本もの作品が寄せられ、それらをまとめた成年年齢引き下げのユニークな啓発動画が完成。この動画は現在、政府広報キャンペーン特設サイトなどで公開されている。
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg23676.htm

表見訪問ではまず、若宮大臣と完成した啓発動画を見ることに。動画を見終えた大臣は、「役所ではとても作れないような若者らしい、そして新鮮な内容のものが出来上がった」と感想を述べ、このイベントの応募見本動画に出演した梅山と本郷に、協力の謝意を述べられた。

その後は、若宮大臣と梅山と本郷の3人で懇談をすることに。大臣からは落ち着いた優しいトーンで様々な質問が寄せられる。
「(成年年齢が引き下がったら)保護者の同意がなくてもクレジットカードの作成や携帯電話の申し込みなど自由に契約ができます。お2人は何をしてみたいですか」という質問に梅山は、「車の免許を取ったら、車の購入の契約をしてみたい」と夢を語る。一方の本郷は「クレジットカードを使ったことがないので、自分で作って大人の買い物をしてみたい」と希望を話した。

2025年に行われる大阪万博の万博担当大臣でもある若宮大臣。梅山も本郷も大阪出身であることを知ると、「お2人ともイントネーションが、大阪の言葉じゃなくて東京の言葉ですね」と驚きの表情を浮かべる。2人の出身地を知った若宮大臣が「万博も楽しみにしていただければと思いますし、もしかしたら何かの形でご協力いただくこともあろうかと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」と語ると、2人とも「楽しみにしています!よろしくお願いします」と力強く頷いていた。

その後も、和やかなムードで会話が行われ、表敬訪問は終了の時間になる。最後は大臣から激励のグータッチと共に「今日はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございました。頑張ってね」と声がかけられた。2人は、「ありがとうございます。頑張ります!」と元気に返答。大臣への表見訪問という大きな仕事をしっかりとこなし、大臣室を後にした。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル