top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

京都鉄板三昧!地域密着な「老舗京風お好み焼き」名店4選

ガジェット通信

どうもライターの丸野裕行です。

お好み焼きといえば、大阪。やはり自他ともに認める《粉もんの街》なのですが、京都にも昔から街の片隅に古き良き時代の雰囲気を漂わせるお好み焼き屋さんというものが存在します。

お店の中にいると、春には地域の新小学生からの元気な挨拶が響き、夏には打ち水の懐かしい匂い、秋には一斉にキンモクセイが香り、冬には建てつけの悪い扉の隙間から冷たい風が入る─京都らしいノスタルジックな風情を楽しめるのが、老舗お好み焼き店です。

ひっそりと息をひそめるように街の歴史を見つめてきた、最高のお店を今回はご紹介いたします。調理をするおじいちゃん、おばあちゃんの深く皴の入った手が紡ぎ出す歴史の味。京都に来た際には、ぜひ立ち寄ってください。

下京区小稲荷町 『山本まんぼ』

以前は、行列が絶えない第一旭たかばしの脇道を入った市営住宅の1階にお店を構えていた『山本まんぼ』。素晴らしい昭和チックな香ばしさがたまらない名店で、ビールを飲みながらよくまんぼ焼きを食べていたものですが、昔ながらのパイプ椅子の座り心地もよかった。

広告の後にも続きます

今では少し離れた新店舗に移転して、お店も全面リニューアル。ここでは以前の味のある旧店舗に想いを馳せながら、その味を回想してみたいと思います。

《まんぼ焼きスペシャル》は、薄いクレープのような生地の上に、具材である豚肉、ホルモン、イカ、油かす、ネギ、紅ショウガ、たくあん、卵、製麺メーカーと共同開発したそばを入れて焼き上げたお好み焼き。ソースは、甘口or中辛or辛口が選べます。

焼きあがったあとは、ヘラ(関東ではコテ)で切っていただきくとしましょう。ひと口頬張ると、これがまた旨い。パリッとした生地とそば、アクセントになる具材のバランスが絶妙で、中身が少しトロっとして、口当たりがいい。他のお好み焼きとは少し違う食感がある京都ならではのお好み焼きです。

店名:『山本まんぼ』
住所:京都市下京区小稲荷町61-54
TEL:075-341-8050
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:00)
定休日:水曜日

北区等持院南町 『ジャンボ』

等持院にある立命館大学衣笠キャンパス前駅から徒歩6分程度のところにあるのがこのお店、『ジャンボ』。なんといっても、このお店のウリは、750円でビッグサイズに焼き上げた《お好み焼き》と、同じく750円でそばを3玉も使用した《特大焼きそば》など、なんでもかんでもジャンボサイズでリーズナブル。

学生さんが多いためか、少しの金額でお腹いっぱい食べてほしいという店主の思いが届きます。手慣れたヘラ使いで、ササッと焼き上げるお好み焼きと焼きそば。最近はコロナ禍で、テイクアウトのみの営業になっていたそうですが、それは淋しい。やっぱり活気のあるお店の雰囲気を味わいながら食すガキ大将丸出しのソース味。

すべてを完食すれば、間違いなく「お好み焼き食ったぞ! 焼きそば食ったぞ!」感無量の満足感が得られます。もちろん、食べきれなければ持ち帰りができるので、安心して来店してください。

店名:『ジャンボ』
住所:京都市北区等持院南町35
TEL:075-462-2934
営業時間:[水~日]11:00~14:00(L.O)/16:30~21:00(L.O)
定休日:月曜・火曜・第4日曜

南区東九条宇賀辺町 『本多』

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル