top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「永久不滅ポイント」なのに失効 合併するカード会社発表にツッコミ…運営企業「あくまで呼称」

J-CASTニュース

クレジットカード会社大手のクレディセゾンが運営する「永久不滅ポイント」について、カードの有効期限が切れた後には失効すると説明があったことに対し、それでは永久不滅にならないのではとの疑問がツイッターであった。

この投稿は、2000件ほどもリツイートされ、まとめサイトも取り上げている。クレディセゾンに取材して、ネットでの疑問について話を聞いた。

ツイッター上で、「永久不滅」との呼び方に疑問を呈する声

ツイッター上の投稿は、2022年1月17日にあった。長崎市内の十八親和銀行の関連会社「十八カード」は、発行するUCカードについて、有効期限が切れた後は、「永久不滅ポイント」が失効して利用できなくなるとして、期限内の利用を呼びかけたが、投稿では、その案内画像などを付けて、「永久不滅」との呼び方に疑問を呈した。

十八カードの案内は、21年10月15日に会社のサイト上に出され、十八親和銀行サイトでも同じ内容の案内があった。それによると、十八カードは、22年4月1日にFFGカード(福岡市)と合併する予定で、4月末以降に有効期限を迎えるUCカードについては、その期限でカードの取り扱いを終了するとあった。つまりカードが更新されないわけだ。

カード会社の案内では、最後に「永久不滅ポイントについて」と題して、4月末以降に有効期限が到来するカードについては、「有効期限の経過後は『永久不滅ポイント』が失効し、ご利用いただけなくなります」と注意を促した。そして、有効期限内にポイントを利用するよう呼びかけている。

広告の後にも続きます

前出のツイッター投稿は、注目を集めて、様々な意見が寄せられている。

「失効するのは、カードを持っていない状態のため」

永久不滅の呼び方に疑問を呈する向きとしては、「永久不滅ポイントが滅ぶのか」「諸行無常ポイントって言われてる」といった声が寄せられた。一方、カード会社の案内をよく読んで、「提携先カード会社の利用ができなくなるだけ」と冷静に見ようとする意見もあった。

クレディセゾンの広報室は1月18日、J-CASTニュースの取材に対し、ポイントの失効について次のように説明した。

「カードを持っている状態なら、買い物でポイントが付いたり、ポイントのサービスとして様々なアイテムに交換したりできます。カードに付帯するサービスですので、カードを解約したときなどは失効します。有効期限が切れて更新されないときは、カードを持っていない状態になりますので、ポイントは失効します」

とすると、永久不滅ポイントと呼ぶことが適切なのだろうか。この点については、こう話した。

「カード会員なら、ポイントの有効期限はありませんので、永久不滅とうたっています。あくまでも呼称ですので、カードがなくなってしまうとポイントは復活しません」

ちなみに、同様な説明は、永久不滅ポイントの規約にも書かれていた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

TOPICS

ジャンル