top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

久本雅美「藤原紀香に間違えられたことがある」 舞台初共演で姉妹役

エンタメOVO

 舞台「毒薬と老嬢」制作発表記者会見が18日、東京都内で行われ、出演者の久本雅美と藤原紀香、演出の錦織一清が登壇した。

 本作は、1941年にブロードウェーで初演され、その後、映画化もされたブラックコメディー。老姉妹がふるまう“ぼけ酒”によって巻き起こる騒動を、せりふを関西弁にして上演する。

 老姉妹を演じる久本と藤原は、舞台での共演は本作が初となる。互いの印象を聞かれると、久本は「舞台を見させていただいたことがありますが、華があって、美しさとチャーミングさがあって、歌がうまいと感動しながら聞きました」と絶賛。

 また、「私、自慢じゃないですが、タクシーに乗ったときに、帽子を深くかぶっていたら『藤原紀香さんですか?』と間違えられたことがある。だから一切否定はしませんでした」と話して笑わせた。

 一方、藤原は「気風がよくて、一緒にいたらその空間が明るくなる方。いつも何でも笑い飛ばしてくれる空気感のあるお姉さんです」と語った。

広告の後にも続きます

 プライベートでの交流を聞かれると、藤原は「この作品のお話を聞く数日前に京都の祇園でばったり会いました。『のりおー(藤原の愛称)』という声が聞こえて振り向いたら、姉さんの『楽しみにしているから、絶対やで』って声が聞こえたんです」という。

 続けて、「そうしたら、一緒にいらっしゃったマネジャーの男性が、(久本を)羽交い締めにして『まだ言ったらあきまへん』って…。祇園の街が壮絶なことになっていました。その数日後に共演のお話を聞いて、このことだったんだと納得しました」と明かした。

 久本は「紀香ちゃんは旦那さま(片岡愛之助)のそばでかいがいしく尽くしていたんですが、こっちは(酔っていて)ベロベロで叫んでいました」と話して会場を笑わせた。

 舞台は、3月16日~20日に都内・新橋演舞場ほか、名古屋、久留米、札幌、大阪で上演。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル