top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

死産、診療拒否で死亡も…中国・西安で悲劇、「ゼロコロナ」政策に反発はない?

オトナンサー


中国・西安で新型コロナウイルスの検査を受ける女児(2021年12月、AFP=時事)

 北京冬季五輪の開幕を2月4日に控えた中国で、新型コロナウイルスの感染対策が厳しいあまりに、内陸部の西安市で、病院に入れずに妊婦が死産したり、心臓病の男性が診療を拒まれて亡くなったりといった悲劇が起きています。なぜ、西安で悲劇が起きたのでしょうか。そうした混乱が起きても、五輪成功のための「ゼロコロナ」政策に国民の反発はないのでしょうか。ノンフィクション作家で中国社会情勢専門家の青樹明子さんに聞きました。

地方都市の悲哀

Q.西安市はどんな所なのでしょうか。新型コロナの状況とともに教えてください。

青樹さん「内陸部にある人口約1300万の都市で、陝西(せんせい)省の省都です。日本人にとっては『長安』という昔の名前の方がなじみ深いでしょう。遣隋使や遣唐使が訪れ、京都や奈良の都のモデルとなった街です。シルクロードの出発点であり、秦の始皇帝が造らせた『兵馬俑(へいばよう)』が郊外にあって、古都として、コロナ禍前は海外からの観光客にも人気の場所でした。北京、上海、西安というのが中国の定番の観光ルートです。私も初めての中国旅行では、この3都市を訪れました。

内陸部なので、いろんな地域と接しています。その影響もあると思いますが、多民族が暮らしていて、少数民族が計10万人いるそうです。また、個人的な印象ですが保守的な地域で、尖閣諸島問題のときなど、激しい反日デモが起きました。新型コロナの感染拡大でロックダウン(都市封鎖)した西安ですが、最近はピークアウトしていて、1月15日の新規感染者は1人、15日時点での感染者は1053人、累計では2044人となっています。ちなみに中国全体では、16日の新規感染者は223人と報道されています」

広告の後にも続きます

Q.ロックダウン中の西安で、PCR検査証明の期限が切れているとして、妊婦が受診できずに死産してしまったり、心臓病の男性が診療を拒まれて死亡したりしました。食料支給も一時滞ったようです。なぜ、混乱が起きたのでしょうか。

青樹さん「中国人の間でも『なぜ、西安でこれだけの混乱が起きたのか』とネット上で熱い議論が起きています。その議論を見ていると、中国の『ゼロコロナ』政策の問題点が透けて見えます。一つは時期の悪さです。北京冬季五輪が2カ月後に迫ったタイミングでの感染拡大でした。中国にとって、五輪は最大級の国家行事で、国家の威信を見せる場所です。『東京五輪の上を行かなければ、成功ではない』と考えているようで、西安での厳しい措置につながったと思います。

2つ目は春節(旧正月)が近いことです。今年は2月1日ですが、例年なら、民族大移動が起き、春節を挟んで約40日で延べ30億人の人流があります。古都西安は中国人の旅行先としても人気があります。その中で起きた新型コロナ問題であり、なおさら、厳しいロックダウンになったと思われます。さらに、地方都市の悲哀が明らかになったともいえます。

西安は古都で、日本でいえば京都、奈良といった感じの都市ですが、中国の中央政府からすると、地方都市の一つです。内陸部であり、上海、広東のような、海外に向かう海、港がある都市と比べ、海がない、経済発展性ではBクラス、民間企業の数も上海、広東に及ばない都市なのです。国営企業が多く、計画経済も残っています。つまり、北京や上海、広東と重要度が違うためか、国の目指すゼロコロナ政策に必要な環境、人員を整備していなかったのです。

例えば、感染者の行動履歴調査をする専門スタッフが上海は常時3000人配備されているのに、西安は300人でした。通信環境も、5Gの設備が西安1平方キロ当たり10カ所なのに対し、上海の主要地域は1平方キロ当たり80カ所もあります。中国では、スマホの行動履歴を使って感染者の行動を追うのですが、その環境も西安は脆弱(ぜいじゃく)だったわけです。

中国全体から見た位置付けも影響していると思います。地方都市というのは中央に顔が向き過ぎていて、何か手柄を挙げたら、国の手柄、失敗したら、地方の責任。ゼロコロナを目指すのは中央ですが、細かいことは自治体に任されている。地方政府の担当者にしてみれば 自分たちの所で感染者が出たら、自分たちの責任。ゼロコロナ政策での失策を恐れて、ますます厳しくなる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル