top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全編CGで展開し視聴者の度肝を抜いた傑作アニメ「トイ・ストーリー」(1996)

エンタメウィーク(映画)

全編CGで展開し視聴者の度肝を抜いた傑作アニメ「トイ・ストーリー」(1996)

解説

おもちゃたちが繰り広げる大冒険を描き世界的ヒットを記録したピクサー製CGアニメ映画。本作が長編デビューとなるジョン・ラセター監督が自身の短編「ティン・トイ」を基に発展させたもので、劇場公開された長編映画としては史上初のフルCGアニメ作品となった。カウボーイ人形のウッディは少年アンディの1番のお気に入りで、仲間のおもちゃたちのリーダー的存在でもあった。ところがある日、最新式のおもちゃ「バズ・ライトイヤー」が誕生日プレゼントとしてアンディのもとにやってきて、ウッディはお気に入りの座を奪われてしまい……。ウッディとバズの声をオリジナル版ではトム・ハンクスとティム・アレン、日本語吹き替え版では唐沢寿明と所ジョージがそれぞれ担当。ラセター監督は本作の功績により、第68回アカデミー特別業績賞を受賞した。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

おもちゃたちが繰り広げる大冒険を描いたピクサーのCGアニメーション映画。映画業界でまだCGが黎明期だったころに全編フルCGアニメとして上映され、そのクオリティの高さと内容の面白さや細部まで綿密に練られたキャラクターや世界観とあいまって、視聴者の心をわしずかみにした名作アニメーション映画。

少年アンディのお気に入り人形のウッディは、誕生日プレゼントとしてやってきた最新式おもちゃ「バズ・ライトイヤー」にその地位を奪われ嫉妬してしまいます。人間味あふれるウッディの陽気でお調子者な性格と、生真面目で自分はおもちゃではなく「本物のスペースレンジャー」だと信じているバズのコンビは、やることなすこと噛み合わず、観ていてハラハラしっぱなし……。

「おもちゃって自分たちで勝手に動き回ってるんじゃない?」という、誰もが一度は考えたことがあるだろう世界観がトイ・ストーリーのお話の骨格。個性豊かなおもちゃたちは人間の目を盗んでは動き回っています。

バズの声を所ジョージ、ウッディ役を唐沢寿明が吹き替え担当し、二人の声も驚くくらいキャタクターにハマって◎。その後シリーズ4まで続く大人気作となったのも納得の内容。劇場公開された1995年には全世界で3億6200万ドルもの興行利益をあげ、その年NO.1の記録を打ち立てています。

未見の人も、4作一気観したい人も物語の始まりである本作から見てはどうでしょうか? 今見てもワクワクするおもちゃたちの世界や友情のお話は、クリスマスやお正月シーズンにぴったのハートフルな内容です。


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル