top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大人気SFギャグアニメの記念すべき劇場1作目がこちら!「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」(2010)

エンタメウィーク(映画)

大人気SFギャグアニメの記念すべき劇場1作目がこちら!「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」(2010)

解説

2003年に「週刊少年ジャンプ」で連載開始された、空知英秋によるギャグ漫画を映画化。架空の江戸時代末期、黒船の代わりに襲来しした異星人・天人(あまんと)が、地球人と数十年にわたる攘夷戦争を繰り広げた結果、江戸の町には天人の文明が定着する。天人の出した廃刀令によって刀を失った銀髪の侍・坂田銀時は、何でも屋「万事屋銀ちゃん」を営み、町で起こるさまざまなトラブルを解決していく。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

原作は、集英社刊行の『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始され、そのくださらなくも鋭いツッコミとギャグセンスを武器に、ただの時代劇風アクション漫画とも、他のギャグ漫画とも一線を画してきた人気漫画『銀魂』。まさかのテレビアニメ化に喜んでいたら、今度はまさかまさかの劇場映画になってしまいました!

かぶき町で辻斬りが多発してるなか、エリザベスが万事屋を訪れ「桂を探してほしい」と依頼するところからストーリーは始まります。人気の高い「紅桜篇」のエピソードをリビルドした内容で、新たに新選組や神威の登場シーンも盛り込まれていて見逃せません。

桂やエリザベス、そして高杉晋助率いる鬼兵隊の登場シーンも多く、高杉ファンや、銀時・桂・高杉の3人トリオ好きには堪らない構成に。バトルアクションも見応えがあり、個人的には神楽が鬼兵隊の来島また子と戦うシーンでは、ギャグとシリアスアクションのブレンド具合と、急転換するラストの展開に、思わず目を見張ってしまいました。

アップテンポに投下される笑いの爆弾と、劇場アニメのハイレベルな作画クオリティで描かれる魅力的なキャラクターやバトルシーンを存分に堪能できる作品です。


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル