top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

姉ブリトニーとジャスティンは「永遠だと思っていた」、妹ジェイミー・リンが振り返る

フロントロウ

ブリトニー・スピアーズの妹であるジェイミー・リン・スピアーズが、姉が元恋人のジャスティン・ティンバーレイクと破局した時のことを振り返った。(フロントロウ編集部)

ジェイミー・リン・スピアーズがブリトニーとジャスティンの破局を振り返る

 ブリトニー・スピアーズの妹であるジェイミー・リン・スピアーズがポッドキャスト『Call Her Daddy(原題)』に出演して、かつてブリトニーが1998年から2002年まで交際していた元恋人のジャスティン・ティンバーレイクと破局した時のことを振り返った。

 ブリトニーと、ボーイズグループのインシンクで活動していたジャスティンという、当時を代表するポップスター同士の人気カップルだった2人の破局はファンショックを与えたが、当時はまだ幼かったジェイミー・リンにとっても姉たちの破局は驚きだったといい、「誰もが永遠だと思っていたはずです」とした上で、「私自身もすごく悲しかったです」と告白。

 「もちろん、姉がすごく悲しんでいたというのもありますが、(ブリトニーとジャスティンの)関係についてすべて知っているわけではなかったのかもしれないと初めて気づいた瞬間でもありました。2人は私を守るためにそうしたのかもしれませんが、もちろん、2人がすべてを私に話すわけありませんよね」と続けた。

ジャスティンの「Cry Me River」は悲しかったとジェイミー・リン

広告の後にも続きます

 ブリトニーと破局したのと時期を同じくして、所属していたインシンクも解散となっていたジャスティンは2002年にソロデビュー。同年にリリースしたファーストアルバム『ジャスティファイド』からのシングル「Cry Me A River」のMVに、“ブリトニーのそっくりさん”を登場させて、彼女との破局劇をネタにしたことも当時大きな話題になった。

 番組のなかで、ジェイミー・リンはブリトニーとジャスティンが破局した理由は分からないとしつつも、「『Cry Me a River』がリリースされた時、姉はものすごく傷ついたと思います」とコメント。「誤解しないでほしいのですが、それもソロキャリアを始めるための1つの方法ですよね? そういう方法もあると思うのですが、私はすごく悲しかったです」と、破局をプロモーションに利用することに理解を示しつつも、当時は悲しかったと明かした。

 「それから、姉は『Everytime』を書きました」と、ジェイミー・リンは続けて、ブリトニーがジャスティンとの破局を経て書いたシングル「Everytime」について振り返っている。「姉はクリエイティブなことなら何にでも明るくて、ピアノでその曲を弾きながら書いたんです。あの曲には今でも泣いてしまいます。姉はどれだけ傷ついたんだろうって。あの曲は姉の曲であり、彼(ジャスティン)の曲でもあるのです」。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル