top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中町綾、対人恐怖症になっていた「周りの目が怖かった」

モデルプレス

【モデルプレス=2022/01/17】人気クリエイターの中町綾が17日、自身のYouTubeチャンネルにて、対人恐怖症だったことを告白した。

中町綾(C)モデルプレス
◆中町綾、対人恐怖症だったと告白

中町綾(C)モデルプレス
「自分が対人恐怖症だった話」と題した今回の動画で、9日に中町兄妹公式YouTubeチャンネルで公開された初詣動画の撮影を振り返った中町。

中町綾(C)モデルプレス
元旦に交際報道が出てから、毎日同じ人から「殺したい」「死んでください」といった声が寄せられ、「人が怖いというモード」になり、何をするにも「周りの目が怖かった」と話す。この症状を検索した結果、診断こそされてはいないものの“対人恐怖症”に当てはまったという。

初詣の撮影前には恐怖心から、兄の中町JPに「刺されるかもしれないから今日の撮影辞めたい」と連絡していたことや、撮影中も周囲に怯えていたことも明かした。

現在、症状は回復していることを報告。ファンに向けて「たくさんご心配をおかけしてしまって申し訳ない」と伝え、同じ悩みを持つ視聴者に向けて「大丈夫だよ」と寄り添いながら声をかけた。

中町綾(C)モデルプレス
同動画ではほか、現在の悩みや中町が回復にむかうきっかけとなった言葉についても公開している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル