top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東出昌大に事実上のクビ報道…謝罪、違約金肩代わりで不倫後も見守った事務所への裏切り

女性自身

東出昌大に事実上のクビ報道…謝罪、違約金肩代わりで不倫後も見守った事務所への裏切り

1月14日に公開された映画『コンフィデンスマンJP英雄編』。メインキャストである東出昌大(33)だが、1月31日をもって所属事務所・ユマニテを退所すると報じられた。

 

17日配信の「FLASH」電子版によれば、東出は「独立するんだ」と周囲に語っているといい、当面はマネージャーをつけずに活動していくと報じられている。

 

しかしながら、この独立は「事実上のクビ」だというのだ。’20年1月に唐田えりか(24)との不倫が発覚し、翌年7月に杏(35)と離婚した東出。昨年10月には20代女性との熱愛が「週刊文春」に報じられ、映画のロケで訪れていた広島に呼び寄せていたことが明るみになった。

広告の後にも続きます

 

この報道当時、東出の事務所は同誌の取材に「ロケ先でのことが事実だとすれば、現在の東出の状況を考えるとまことに不見識な行動であると言わざるを得ません」と遺憾の意を示していた。

 

事務所が怒りを表すのもそのはず、不倫が発覚した後も東出は事務所に守られてきたのだ。

 

「東出さんの不倫発覚後、事務所はすぐにコメントを発表。そこには『どのように非難されても弁解の余地はありません』としつつも、東出さんが夫、父として再起を図っていく様子を『見守る』と締めくくられていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル