top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

底冷えの季節にピッタリの「個性派京うどん」4選! 京都ならではの あったかはんなり

ガジェット通信

どうもライターの丸野裕行です。

前回の記事では、筆者自ら訪れた京都ならではのうどんの名店をご紹介させていただいたわけですが、京都好きのみなさんからご好評賜りました。独自のうどん文化を持つ京都は、底冷え厳しく、冬になるとあたたかい一杯のおうどんで暖をとるわけなんですね。

うどん文化はダシにあり!京都うどん「ヤバ旨」名店4選!
https://getnews.jp/archives/3175616

しょうがや強めのあんかけなど、体の芯からあたたまるうどんが京都人のソウルフード。関西特有の《うどんは出汁の添えもの》という文化をしっかりと踏襲している、味わい深い昆布とカツオ出汁に薄口しょうゆでほんのり味をつけた優しいお味が京うどんの特徴です。

その中でも、筆者がベタ惚れしている京うどんの名店を紹介します。ほっぺも落ちる京都うどんの画像と共にお楽しみください!

中京区錦小路堺町 『冨美家本店』

広告の後にも続きます

錦市場周辺の京都らしい風情のある街並みの中に移転した後の『冨美家本店』があります。京都といえば、やはり鍋焼きうどんがごちそう。しかもこのお店の鍋焼きうどんは、京都の中でも非常にファンが多いんです。こちらへやってくれば、看板メニューの《冨美家鍋(鍋焼きうどん)》を食べなければはじまりません。しかも、豪華な具材が入っているのに720円という驚きです。

スタッフさんが鍋蓋を開けると、もわっと湯気が一気にあがって、グツグツの鍋焼きうどんが顔を出します。すぐに出汁の香りが漂い、中心で大きな卵がご挨拶。煮えたぎっている鍋から出汁をすくって慎重に啜ると、とにかくほっとする味わい。昆布の風味が強い甘口のお出汁に、椎茸の旨み。さらには具材の味が染みだして、もう旨すぎ。柔らかめのうどんを少しずつ口中へ。上顎がずるむけになるほど熱い! けど、旨い。これでもかとのせられた海老天と焼きもち、かまぼこ、お麩、ネギ、甘く炊かれた椎茸が、これまたたまりません!

とんでもない完成度の鍋焼きうどんの他には、《九条ネギうどん》もオススメです!

店名:『冨美家本店』
住所:京都市中京区錦小路堺町上ル菊屋町519
TEL:075-222-0006
営業時間:[月~金]11:00~16:30(L.O)/[土・日・祝]11:00~17:00(L.O)
定休日:無休

左京区一乗寺西杉ノ宮町 『うどんわだ』

学生とラーメンの街・京都一条寺には、カレーうどんをウリにするお店があります。それが『うどんわだ』なんですね。学食のような店内には、カウンター席とテーブル席、奥まったところには座敷席。結構広めですね。

今回は《カレーとりとじうどん》とごはんをオーダー。うどんは京都ならではの細麺と太麺が選べるそうなので、京うどんらしく細麺にしました。大き目の丼に入ったボリュームのあるカレーうどん。大ぶりの鶏肉がゴロゴロと入り、それを羽衣のように卵が包む。美しいカレーうどんですね。レンゲでひと掬いしたお出汁を飲んでみると、これはインドではなく、間違いなくメイドインジャパンの優しいカレーの味わい。ごはんとの好マッチング度は100%ですね!

安心して食べられる、いつものカレーうどんをしっかりと具現化したこの味。余計な飾りをしていない、素の小林幸子のようなシンプルなカレーうどんもオススメしたいです。

店名:『うどんわだ』
住所:京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町15-2
TEL:075-551-3409
営業時間:[平日]11:00~15:00、17:30~22:00 [土日祝]11:00~22:00
定休日:月曜日、祝日は営業

上京区紙屋川町 『麺処 美松』

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル