top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

反田恭平「皆さんに感謝の気持ちを込めて」 ショパン・コンクール第2位入賞、満席のサントリーホールを興奮の渦に巻き込んだ凱旋コンサートをレポート

SPICE



第18回ショパン国際ピアノコンクールで第2位を獲得したピアニストの反田恭平。凱旋コンサートの東京初日公演が、2022年1月6日(木)にサントリーホール 大ホールで開催された。コンクールのステージでも演奏されたショパン作品がよりいっそう力強さを増してホールの大空間に響き渡り、満場の客席を興奮の渦へと巻き込んだ。アンコール5曲の演奏を含む、2時間半を優に超えた東京公演初日の模様をお伝えしよう。

リハーサルの様子



リハーサルの様子



リハーサルの様子


1月6日、『反田恭平 凱旋コンサート』ツアーのラストを飾る東京でのリサイタル初日公演が開催された。この日、あいにく都心は昼間から大雪に見舞われ、足にも影響が出ていたが、開演時刻を遅らせるには至らず、ほぼ定刻に演奏会はスタートした。

広告の後にも続きます

事前からこのコンサートツアーのチケットの争奪戦の模様はSNSなどでも囁かれていたが、サントリーホール大ホールは満席。東京では珍しい積雪という悪条件にも関わらず、会場は反田の演奏を今か今かと心待ちにする観客の熱気にあふれていた。


反田が颯爽と舞台に登場。ショパン・コンクール以前にはめったに見られなかった蝶タイ姿だ。この数か月で一段と貫禄が増した感がある。

一曲目は「ワルツ 第4番」。“猫のワルツ” といわれる作品だ。猫好きの反田が好んで弾く作品だが、昨年10月に開催されたショパン・コンクールの舞台での、(30数年前の)あの伝説的なブーニンの演奏を凌ぐスリリングで華麗な演奏ぶりがよみがえる。この日の演奏はよりいっそう安定感が増し、まさに猫が鍵盤上で軽やかにステップを踏んでいるかのようだった。テンポの緩急の洒脱さや転調による色彩感のマジックに一曲目から圧倒される。



続いて「マズルカ風ロンド」。「マズルカもロンドも大好き」という反田のこの作品に対する愛情がひしひしと伝わってくる。華麗で愛らしいロンド様式の中にも、マズルカらしい素朴な民族色の強いリズムが冴えわたる。千変万化するピアニッシモの表情の豊かさ。そして、フィナーレの“カスカータ(滝)”のような流麗かつ華麗な弾き納めに息をのむ。反田の躍動感あふれる演奏は、ショパン若き日の多感でナイーブなこの曲を、よりいっそう秀逸なものへと昇華させていた。

続いて、そのまま「バラード 第2」へ。祈りのようにも感じられる静謐な第一主題。翻って、第二主題は迫真に迫る性急さで激情を爆発させる。コンクール以前は若干、力で押し切る一面も見られたが、この日は、ほとばしる情熱を内に秘め、聴き手の心を揺さぶる円熟味のある情感にあふれていた。



反田のバラードは明るい恋の歌のようなエレガントさが特徴だが、この日の演奏も、緩徐部分での貴婦人が歩いているかのような優雅さと緊迫感のある第二主題との、 ‟静と動”、‟常軌と狂気” のコントラストが実に秀逸だった。そして、怒涛のように破滅的なカタルシスへと向かうコーダ。さらに、再び冒頭の祈りを想起させる結びのカデンツの思い深げな和声感。この作品の持つストーリー性を露わに抉(えぐ)りだす考え抜かれた構成の妙が見事だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル