top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イッツフォーリーズ公演ミュージカル『遠ざかるネバーランド』が新キャスト・新演出で上演

SPICE

ミュージカル『遠ざかるネバーランド』



2022年3月23日(水)~28日(日)俳優座劇場にてミュージカル『遠ざかるネバーランド』が上演される。

2010年に空想組曲のほさかようが上演した『遠ざかるネバーランド』。2012年、2015年とストレートプレイでの上演が続き、2018年にイッツフォーリーズがミュージカル化。今回はキャストを一新し、新演出での上演となる。

初演舞台より


演出・渋谷真紀子コメント

私も大好きなピーターパンの物語ですが、 このネバーランドは少し違います。 ジェームズ・M・バリー著のピーターパンが滲ませる誰の助けも求めない孤独さが、 この少女と重なり、 本作に魅了されました。
今回、 半世紀近くオリジナルミュージカルを創り続けているイッツフォーリーズで、 人気戯曲が原作のミュージカルを演出できることを大変光栄に思います。 私自身、 悩める思春期にファンタジーの 世界を求める主人公の葛藤が痛い程わかります。 封じ込めていた言葉をフワッとファンタジーに迷い込ませるほさかようさんの脚本と、 繊細でダイナミックな吉田さとるさんの音楽が、 想像の翼を広げます。 初演の美術・衣装を活かし、 魅力的な新キャストやスタッフの皆さんと、 主人公の心象表現を深化させ た22年版をお届けするのがとても楽しみです。

広告の後にも続きます

大人になんてなれない……
ピーターパンが大好きな少女が飛んでいこうとしたネバーランドではどんな大冒険が待っているのでしょう?

「大丈夫だよ」
どんな時も1人じゃない。
手を取り合う勇気が、 少しでも“大人”に近づくことなのかもしれません。 今だからこそ、 私たちのネバーランドにいらして下さい。 このネバーランドが遠ざかる頃には、 優しい翼に包まれていますように。

ものがたり

初演舞台より


17歳のいずみは、 空を飛びたいと願っていました。 空を飛べれば、 どこか遠く、 そう、 ネバーランドのように永遠に大人にならない世界に行けると信じていたから…。

《ウエンディは、 星がきらめく夜空目指してとびたったのです》

いずみが空に手を伸ばし飛ぼうとすると、 いつしかそこはピーターパンのいる世界、 ネバーランドになっていたのでした。
ルフィオ、 トゥートルズ、 エコーの迷子たち、 狩人のタイガーリリー、 人魚のビスカ……そしてピーターパン。 名前を聞かれた、 いずみは自ら「ウエンディ」と名乗り、 ネバーランドの一員となりました。 みんなの願いは、 そう、 空を飛ぶこと。 空を飛ぶために必要な妖精の粉を探しに冒険の旅に出発します。 けれども、 そこには空を飛びたくない海賊たちや、 ウエンディをいずみに戻したい少年とティンカーベルも現れて…いつしかみんなの飛びたい気持ちは揺らいでいってしまうのでした。
ウエンディは、 ネバーランドの住人たちは、 果たして空を飛べるのでしょうか?そして、 ウエンディはいずみに戻れるのでしょうか?

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル