top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<フル>まるで少年!“激甘ボイス”で 村瀬歩&梶裕貴が語る 映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』公開前プレミア上映会

フィールドキャスター





今月16日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』の公開前プレミア上映会が行われ、声優の梶裕貴さん(トト役)、村瀬歩さん(ドロップ役)、監督のいしづかあつこさんが登壇しました。



少年たちの奇跡のような出会いを描いた青春冒険物語。
誰もが“あの時”に感じた、痛みや喜びがユーモラスにも瑞々しく、浮かび上がります。



本来は主人公・ロウマ役の花江夏樹さんも登壇する予定でした。
ところが、新型コロナの濃厚接触者に該当する可能性があり、急遽欠席に。
そんな中、なぜか丸メガネ姿で登場した梶さん。



すると花江さんのメッセージを手にし「“参加できず申し訳ございません。今日はロウマから僕の魂を感じてもらえたらなと思います。帰り道に電話ボックスを見かけたら近づいてみてください。すぐ電話します”だそうです。皆さん花江くんの電話出てあげてください。」と代読し、「さすが彼らしくユーモアがありますね!



梶さんが眼鏡をかけていたのは、「トトが眼鏡キャラであること」と花江さんのトレードマークが眼鏡だったため。「花江さんの思いもここ(メガネ)に乗せられたらとかけてきた!」と説明。
村瀬さんも「メガネってそういうことだったんですね。」と褒めました。



初めて脚本を目にした時は、「もうワクワクしかなかった。個人的にはトトを研究するほど自分に近い部分が見つかり、演じて楽しかった。台本をもらって読むと予想していた笑いと涙があり、それ以上にグッときたのは人間ドラマ。僕が経験した青春時代と似た感じで、共感できた。同時に彼らだからこそ感じている気持ちを体験できるのは、役者としての醍醐味でもあると改めて思った。」とハキハキと振り返りました。



村瀬さんは“初出しの情報”として「スタジオでオーディションに参加した時、僕の後が梶さんだった。『一緒に参加できるといいね』という話をしていてウキウキ気分だった。そしたら受かり『あっ!梶さんもいる』となった。」と共に受かった喜びを、甘いボイスで語りました。



はじまったばかりの2022年。
今年は「英語を頑張りたい。海外が好きなので、現地で英語が話せたらもっと世界が広がる。」という梶さん。 さらに「今年の目標にするのはメチャクチャだが、夢は言っていかないといけないから、グッバイ、ドン・グリーズ!2にも出演したい。ドロップの過去とか見たい。サイドストリート、外伝とか見たい。」と語ると、村瀬さんは客席に向かって「お待ちしてまーす!」と叫びました。



梶さんは「監督ここにいるのに、誰にお願いしている?」とツッコミ。
村瀬さんは「皆さんが『面白かったよ!』とか呟いてくれたり、友達に知らせてくれるのが一番続編への近道かなと僕は思います。」と語りました。



村瀬さんの目標は「意外かもしれませんが僕は勉強や新しいことを学ぶのが好きなので、最近は占い、タロットをずっとやっていますが、それ以外にホロスコープ、星座とか、宇宙とか。この作品も規模が大きいのでそういうのも勉強してみたいなと。こういう質問をされたから自分に発破をかける意味で言ってみました。」と最後まで甘い声で語りました。



映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』は、2月18日(金)より全国ロードショー!
配給:KADOKAWA
©️Goodbye,DonGlees Partners


TOPICS

ランキング

ジャンル