top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広島・攻撃の大きなマイナスを補うには総力戦【2022最新メンバーリスト】

週刊ベースボールONLINE

いよいよ2022年がスタート。各チームの補強も最終段階に入ろうとしている。ここでは最新メンバーリストを戦力分析とともにお届けする。
※情報は2022年1月9日現在


鈴木が抜けた場合の穴の大きさは計り知れない。四番候補・マクブルームは打線にハマるか

[2021年成績]セ4位 63勝68敗12分、打率.264、防御率3.81

 ポスティング申請中の鈴木誠也の去就が1月9日現在も未定だが、鈴木清明球団本部長は「向こう(MLB)に行く前提で進めている」として春季キャンプ不参加の方針を示した。佐々岡真司監督も、鈴木のいない攻撃陣の整備に努めていく。

「四番」「正右翼手」両方の穴を埋めるのは簡単なことではないが、新戦力の四番候補としては、昨季3Aながら32本塁打のマクブルームを獲得。ただ、外国人は日本野球への対応力が未知数ということもあって、指揮官もほかに「西川(西川龍馬)、坂倉(坂倉将吾)、林(林晃汰)あたり」と名前を挙げ、競争の中で理想とする「固定」できる形を見つけていく。また、マクブルームの本職が一塁ということもあって、起用ポジションのやりくりも考えどころだ。

 試行錯誤が必要な攻撃陣に対して、九里亜蓮、大瀬良大地の2人がFA権を行使せず残留した先発陣はコマがそろう。あとは抑え・栗林良吏へとつなぎ役を確立させられるか。ドライチ・黒原拓未、ドラ2・森翔平の新人左腕コンビの台頭も待たれる。

 佐々岡監督も就任3年目を迎え、そろそろ結果がほしいところ。投打一丸となって現状を打破する。

担当記者のこの男の“ココ”に注目! 坂倉将吾



捕手/#31

攻守でチームの中心選手へ

 新助っ人と並びこちらも四番候補だ。昨季、鈴木誠也に次ぐリーグ2位の打率.315と、持ち前の力強い打撃を見せつけた。守っては三塁に挑戦しつつ、「捕手で勝ちたい」と本職へのこだわりも。攻守でチームを支えていく。(Sg)

広島東洋カープ 2022 メンバー表


注釈:○=新加入、△=移籍、◇=去就未定(ポスティング申請中)、★=21年オフに支配下から育成、名前横は背番号、空欄は未定
【監督】
88佐々岡真司

【一軍コーチ】
79河田雄祐、72東出輝裕、△89小窪哲也、83朝山東洋、91迎祐一郎、△87高橋建、82横山竜士、76倉義和

【二軍監督】
71高信二

【二軍コーチ】
90玉木朋孝、93赤松真人、92森笠繁、75廣瀬純、73小林幹英、74永川勝浩、84植田幸弘

【三軍統括コーチ兼 矯正担当】
78畝龍実

【三軍投手コーチ強化担当】
86菊地原毅

【投手】
11九里亜蓮、12大道温貴、13森浦大輔、14大瀬良大地、○16森翔平、17岡田明丈、18森下暢仁、19野村祐輔、20栗林良吏、21中崎翔太、23薮田和樹、○24黒原拓未、26中田廉、28床田寛樹、29ケムナ誠、30一岡竜司、34高橋昂也、36塹江敦哉、39菊池保則、41矢崎拓也、43島内颯太郎、○45松本竜也、46高橋樹也、47山口翔、48アドゥワ誠、53小林樹斗、57田中法彦、58藤井黎來、65玉村昇悟、66遠藤淳志、67中村祐太、97フランスア、98コルニエル、○アンダーソン、○ニック・ターリー

【育成投手】
★120行木俊、○122坂田怜、125戸田隆矢、○126新家颯、○128中村来生

【捕手】
22中村奨成、27會澤翼、31坂倉将吾、32白濱裕太、40磯村嘉孝、62石原貴規、○64高木翔斗

【育成捕手】
121二俣翔一、123持丸泰輝

【内野手】
00曽根海成、0上本崇司、2田中広輔、6安部友裕、7堂林翔太、33菊池涼介、35三好匠、44林晃汰、51小園海斗、54韮澤雄也、56中神拓都、61矢野雅哉、69羽月隆太郎、○ライアン・マクブルーム

【育成内野手】
○127前川誠太

【外野手】
◇1鈴木誠也、5長野久義、37野間峻祥、38宇草孔基、49正隨優弥、○50中村健人、○52末包昇大、55松山竜平、59大盛穂、○60田村俊介、63西川龍馬

【育成外野手】
124木下元秀

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル