top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

天才ピアニストと気性の荒い運転手が巻き起こす友情物語「グリーンブック」(2019)

エンタメウィーク(映画)

天才ピアニストと気性の荒い運転手が巻き起こす友情物語「グリーンブック」(2019)

解説

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。トニー役に「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化した。監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

1960年代初頭、黒人に対して差別が色濃く残る時代に天才ピアニスト、ドクター・ドン・シャーリーが気性の荒いトニーを運転手兼用心棒として雇い、アメリカ南部への演奏ツアーを決行する。

当時刊行されていた『黒人ドライバーのためのグリーンブック』になぞらえてつけられたタイトルの通り、当時の差別を鮮烈に描き出しつつ、正反対の境遇と価値観を持つ2人が次第に認め合い、最後にはかけがえのないパートナーへと成長する旅を、実話に基づき描いた今作。

トニーを『ロード・オブ・ザ・リング』で名を広めた、ヴィゴ・モーテンセンが演じ、ドン・シャーリーを『ムーンライト』と今作で2度の助演男優賞に輝いた、マハーシャラ・アリが務めています。この2人の関係性が本当に素晴らしいんです!

旅の初期は雇用関係でしかなく、トニーに対して様々な注文を押し付け、拒否反応を示していたシャーリーが、トニーの粗暴だけど素直で寛容的な性格によって、次第に心を開いていく姿に心打たれます。特に南部のソウルフードである、有名なフライドチキンを2人で初めて食べるシーンは彼が初めてトニーを受け入れた瞬間として描かれていて、思わずニッコリと微笑んでしまいます(笑)。

そのシーンを始め、全体的に温和な雰囲気に包まれている今作。メガホンを取ったのは『メリーに首ったけ』などで知られる、ピーター・ファレリー。ラブコメやおバカ映画を撮影してきた彼だからこそ、差別という重いテーマを取り扱いながらも、暗くなりすぎない、バランスのよい作品に仕上がっています!


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル