top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

DeNAドラ2・徳山壮磨の後輩に最速138キロの快速中学生!大先輩との共通点とは?

高校野球ドットコム

 DeNA2位指名の徳山 壮磨投手(大阪桐蔭ー早稲田大)が、中学時代の3年間を過ごしたのがヤングリーグの強豪・兵庫夢前ヤングだ。12月に行われた関西地区No.1決定戦のタイガースカップ2021では、大会連覇の偉業を成し遂げ、毎年強豪校へ多くの選手を輩出している。

 強豪チームにまた1人、将来が楽しみな本格派右腕が現われた。名前は川上 笈一郎(そういちろう)投手。178センチ、70キロの投手らしい体格から、キレのある直球を投げ込み、昨春には岡山マスカットスタジアムで最速138キロを計測した。

 今春からは高校野球の舞台に飛び込むが、川上は「1年生から勝負できるように」と引退した現在もトレーニングに打ち込んでいる。

あわせて読みたい
■スローガンは「一意専心」タイガース杯連覇の強豪ヤングが取り組む「心」の教育とは?
■中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識
■DeNAドラ2・徳山壮磨の後輩に最速138キロの快速中学生!大先輩との共通点とは?

コントロールが改善して本格化

川上 笈一郎(兵庫夢前ヤング)

 小学校2年生の終わりに、中学でもバッテリーを組んだ松本 奏捕手に誘われたことがきっかけで、軟式野球チーム・白浜イーグルスに入団。4年生になると投手の練習を開始し、以降は松本とずっとバッテリーを組んでいるという。

広告の後にも続きます

 中学に入ると同時に兵庫夢前ヤングへ入団したが、浄徳 一智監督は当時の印象を「体も大きく球も速かったけど、コントロールがまだ良くなかった」と振り返る。川上自身も、制球力に課題があったことを口にし、下級生時はフォームの安定のために地道な体幹トレーニングに取り組んできた。

「球の速さは、周りよりも少しは速いかなと思っていましたが、コントロールが悪かったので、始めは試合を作ることもできませんでした。しっかりとしたフォームで投げるために、体幹トレーニングを多くやって、また走り込みも多くやりました」

 成果が現われ始めたのは、中学2年の秋頃。3年生が引退し、エースとしてチームを引っ張る立場になると、責任感も後押しして試合で結果を残すようになる。その年の12月に行われたタイガースカップ2020では、134キロを記録してチームの優勝に大きく貢献した。

「僕自身、ストレートに自信を持ったことは、これまでまだありません。納得できる球を投げることができたのも、本当に数球です。でも、試合でチームの勝利に貢献できたのは、素直に嬉しかったです」

DeNA2位の徳山にも共通する高い意識

川上 笈一郎(兵庫夢前ヤング)

 成長を見守ってきた浄徳監督は、順調にステップアップをしてきた要因に「意識の高さ」を挙げる。チームのOBで、昨年ドラフトで指名された徳山の成長を引き合いに出しながら、川上のここまでの成長を振り返る。

「入団からの伸び率でいえば、徳山が上かもしれませんが、入団したときのインパクトは川上の方が断然上です。ただ二人に共通しているのは、野球への取り組み、意識の高さです。二人とも常に高い意識を持って練習に取り組んでいたので、それが3年生で結果を出すことにつながったと思います」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル