top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中日の“歴代最強”キャッチャー5人。球団史を彩る正捕手の系譜、ドラゴンズレジェンド捕手たちの成績は?

ベースボールチャンネル

中日の“歴代最強”キャッチャー5人。球団史を彩る正捕手の系譜、ドラゴンズレジェンド捕手たちの成績は?

 球史を振り返れば、どの球団にもポジションの代名詞と言える名選手がいるものだ。強いチームには、必ず確固たる地位を築くレギュラー選手の存在がある。今回は、ポジション毎に球団を支えてきた偉大な選手たちを紹介する。(中日ドラゴンズ・捕手編)
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 

プロ野球黎明期彩ったレジェンド

野口明(のぐちあきら)
投打:右投右打
身長/体重:174センチ/69キロ
生年月日:1917年8月6日
経歴:中京商-明治大

○ベストナイン:2回(1951-52年)
○オールスターゲーム出場:4回(1951-54年)
 
 プロ野球黎明期を彩った「野口4兄弟」の長男。次男・二郎は投打二刀流の名選手としても知られる。中日では1949年からプレー。加入と同時に学生時代から慣れ親しんだ捕手へ再転向し、すぐさまレギュラーへ定着した。50年には打率.271、キャリアハイの18本塁打をマーク。翌年からは2年連続ベストナインを受賞した。
 
 中日での通算成績は、672試合出場、打率.263、627安打、44本塁打、306打点、9盗塁となっている。

セ・リーグ捕手初のシーズン30発放った強打者

木俣達彦(きまたたつひこ)
投打:右投右打
身長/体重:173センチ/75キロ
生年月日:1944年7月7日
経歴:中京商-中京大

広告の後にも続きます

○ベストナイン:5回(1969-71、77、79年)
○オールスターゲーム出場:8回(1970-71、74-75、77-80年)
 
 中日一筋を貫いた「マサカリ打法」が特徴の木俣。持ち味の強打を活かし、複数シーズンでクリーンアップの一角を担った。大卒2年目の65年に定位置を獲得。69年には33本塁打を放ち、セ・リーグ捕手初となるシーズン30発に到達した。その後も本塁打を量産していたが、74年に当時の指揮官・与那嶺要氏の下で確実性の向上に着手。同年にキャリアハイの打率.322をマークし、アベレージヒッターへとモデルチェンジした。現役19年間で打率3割を4度(1974、76-77、79年)記録。2桁本塁打は14度(1967-72、74、76-81年)を数えた。
 
 通算成績は、2142試合出場、打率.277、1876安打、285本塁打、872打点、20盗塁となっている。

シーズンMVPに輝いた司令塔

中尾孝義(なかおたかよし)
投打:右投右打
身長/体重:173センチ/75キロ
生年月日:1956年2月16日
経歴:滝川高-専修大-プリンスホテル
ドラフト:1980年ドラフト1位

○最優秀選手(MVP):1回(1982年)
○ベストナイン:1回(1982年)
○ゴールデングラブ賞:1回(1982年)
○オールスターゲーム出場:2回(1982、84年)
※中日在籍時のみ。巨人時代にベストナイン、ゴールデングラブ賞、カムバック賞1回受賞。オールスター1回出場。
 
 捕手として高い総合力を備えた中尾。闘志溢れるプレーでチームを鼓舞した。社会人出身の即戦力として入団すると、期待通りルーキーイヤーの81年からレギュラーを奪取。翌82年には打率.282、18本塁打、守備でも盗塁阻止率.429と高水準の数字を残してリーグ優勝の原動力となり、最優秀選手(MVP)などに輝いた。その後は故障に苦しむことも多かったが、中日では8シーズン活躍を続けた。
 
 中日での通算成績は、762試合出場、打率.269、588安打、94本塁打、275打点、37盗塁となっている。

高い盗塁阻止率誇った“闘将”の愛弟子

中村武志(なかむらたけし)
投打:右投右打
身長/体重:179センチ/79キロ
生年月日:1967年3月17日
経歴:花園高
ドラフト:1984年ドラフト1位

○オールスターゲーム出場:8回(1988-91、93、96、98、2001年)
 
 “闘将”星野仙一氏の愛弟子。高卒5年目の89年に正捕手に定着すると、同年は驚異の盗塁阻止率.516を記録。91年には打率.270(規定未満)、キャリアハイの20本塁打を放つなど存在感を発揮し、その座を不動のものとした。同時期のセ・リーグには古田敦也、谷繁元信ら歴代屈指の名捕手がいたため、主要タイトルの受賞経験はないが、2002年に横浜へトレード移籍するまで扇の要としてチームを支えた。
 
 中日での通算成績は、1658試合出場、打率.245、1227安打、120本塁打、533打点、26盗塁となっている。

選手兼任監督も務めた球界屈指の名捕手


谷繁元信(たにしげもとのぶ)
投打:右投右打
身長/体重:176センチ/81キロ
生年月日:1970年12月21日
経歴:江の川高
ドラフト:1988年ドラフト1位

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル