top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

藤田朋子 駆け出し時代のオーディション落選続きを救った欽ちゃんの言葉

女性自身

藤田朋子 駆け出し時代のオーディション落選続きを救った欽ちゃんの言葉

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に家族で盛り上がったクイズ番組の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょう――。

 

「’88年に朝ドラ『ノンちゃんの夢』(NHK)でドラマデビューした後、民放初挑戦はフジテレビでした。『君の瞳に恋してる!』『愛しあってるかい!』(ともに’89年)など、トレンディドラマに出させてもらった関係で『なるほど!ザ・ワールド』(’81~’96年)には、番宣のため、何度か解答者として出演しました。一度は優勝して、発売されたばかりのハンディカムを賞品としてもらったんです」

 

こう語るのは、女優の藤田朋子さん(56)。幼いころから演じることは大好きで、お遊戯会や学芸会を楽しみにしていた一方、アイドルよりもゴダイゴ好きの、ちょっと変わった女のコだったという。

広告の後にも続きます

 

「ゴダイゴが音楽を担当していた『キタキツネ物語』(’78年)を学校の行事で見に行ったのが“出会い”。たまたまその日の夜、テレビをつけたら赤いチャイナ服を着たおじさんが『アチャー!』ってシャウトしているのを見て、すぐにファンになったんです」

 

アイドル全盛期の’80年代初頭、藤田さんはゴダイゴの『OUR DECADE』(’79年)を聴き込んでいたという。

 

「中学のクラスメートにはマッチやトシちゃんが好きなコが多かったけど、“ちょっと人とは違う”というのがカッコよく思えて、少し遠巻きに見ていた部分が、私にはあったんですよね(笑)」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル