top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『なるほど!ザ・ワールド』を視聴率30%超えオバケ番組に変えた斬新なアイデア

女性自身

『なるほど!ザ・ワールド』を視聴率30%超えオバケ番組に変えた斬新なアイデア

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に家族で盛り上がったクイズ番組の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’80年代”を振り返ってみましょう――。

 

■クイズを楽しみながら海外旅行を疑似体験

 

「『なるほど!ザ・ワールド』はバブル予兆期の’80年代初頭に始まり、バブル最盛期にかけて大きく成長。好景気で番組の予算が豊富だったため『世界まるごとHOWマッチ』(’83~’90年・TBS系)、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(’88~’94年・日本テレビ系)など、海外ロケを用いた番組が増えてきた時代でした」

広告の後にも続きます

 

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(54)。

 

なかでも先頭に立っていた『なるほど!ザ・ワールド』は、レポーターが世界を訪れ、珍しい事象を紹介し“へえー、なるほど”と思わせるクイズが魅力だった。

 

「’80年代初頭、海外旅行は、まだまだ憧れ。ハワイや欧米の主要都市を旅行する人は増え始めたものの、まだなじみのなかった国、秘境などから伝えられるクイズは、海外旅行を疑似体験できるだけでなく、多様性を学ぶ機会にもなったのではないでしょうか」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル