top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

関係者やファンの間で批判があるマルシュロレーヌに「賞なし」の真相。歴史的偉業は無視されたわけではない

web Sportiva

 JRAの年度表彰となる『2021年度JRA賞』が1月11日に発表された。

 その顔ぶれを見る限り、各賞とも順当に選出されたように思える。だが、1頭の馬の評価において、競馬関係者をはじめ、ファンの間でも大きな議論を呼んだ。

 それは、ダート競馬の本場であるアメリカの、それもトップオブトップのGIブリーダーズカップディスタフ(アメリカ・ダート1800m)で、日本調教馬として史上初めて勝利を飾ったマルシュロレーヌ(牝6歳)に対して、特別賞を含めて何らタイトルが与えられなかったことだ。


ブリーダーズカップディスタフを制したマルシュロレーヌ

 JRA賞には各部門賞の他に、特別な功績を残した馬に対して送られる特別賞、あるいは特別敢闘賞と呼ばれるイレギュラーな賞が設けられている。近年では、クロノジェネシス(2020年)やモーリス(2016年)などが選出されている。

 各部門賞は新聞、放送など各メディアに所属する296名の記者投票で決められるのに対して、特別賞の選定については、各記者クラブの幹事記者ら8名で構成されるJRA賞選定委員会での合議、そして8名中6名の賛成を経て、JRAに推薦される。

広告の後にも続きます

 要するに今回のマルシュロレーヌは、選定委員会において6票の賛成票を集めることができなかった。この結果について、関係者やファンの間で批判的な声が上がった。

 また、あるメディアがその選定委員会の声を反映して、「『ダート部分でもう少しテーオーケインズに肉薄していれば』『日本競馬の歴史としてはすごいことだが、ライトファンの認知度を考えると、歴代の受賞馬との比較では少し弱い』といった意見があり、(中略)今回『マルシュロレーヌの受賞は見送られることになった』」と報道。

 それを受けて、「選定委員会は何もわかっていない」といった声まで上がって、マルシュロレーヌが表彰されなかった議論は一層白熱した。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル