top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鹿児島 鹿屋に響き渡ったアニソンシンガー夢の共演 『りなメロ♪LIMITED EDITION』レポート

SPICE


2022.1.8(Sat)りなメロ♪LIMITED EDITION@鹿屋市文化会館

鹿児島県鹿屋で開催されているアニメ・漫画ポップカルチャーイベント『りなかる!』、そして同じく開催されるアニソン系ライブイベント『りなメロ♪』。新型コロナウイルス感染症の影響で昨年は中止となったが、今年はLIMITED EDITIONと題しangela、ReoNa、PENGUIN RESEARCHの生田鷹司、堀江晶太H-el-ical//の四組を迎えて無事に開催された。鹿屋の広い空の下開催されたこの地方発のライブをレポートする。

会場となった鹿屋市文化会館には今日のイベントを待ちわびていたファンが詰めかけていた、物販にも人が集まり、手作り感あふれる演者の紹介ボードが展示されるなど、どこかゆったりとした雰囲気の中、イベントが始まった。

手作り感と愛のあふれるウェルカムボード


一番手はPENGUIN RESEARCHから生田鷹司と堀江晶太が登場。「一番手としてゆるく、でもみんなを温めながら盛り上げていきたいと思います!」とコメントしてから、堀江のピアノ生演奏で「キリフダ」からイベントがスタート。

温かい手拍子を受けつつ、鹿屋市PR特命係長の肩書を持つユルキャラ「鹿屋カンパチロウ」の印象などをゆったりとトークをする二人。マスク越しでも客席から笑いが溢れる空気から、続く「HATENA」は生田のハイトーンの歌声からスリリングに展開する。

広告の後にも続きます

「少年の僕へ」では再度手拍子が強く巻きおこる。その熱に促されるように立ち上がり伸びやかに歌う生田。「俺なんでここでピアノ弾いてるんだろう?」と言っていた堀江の指も軽やかだ。

「ここからは僕たちのやりたい曲を持ってきました!」と「敗者復活戦自由形」を堀江のピアノ一本で演奏。アコースティックな編成だがパワフルに生田が歌い上げ、客席の温度が上がっていく。


最後は生田もアコースティックギターを構えて「boyhood」。二人の演奏と歌が絡み合い、そこに客席からの手拍子が混ざる感じはとても厚みを感じた。「次はバンドで会いましょう!」と叫んで出番を終えた。

続いて登場したH-el-ical//が一曲めに選んだのはソロデビュー一曲めになる「pulsation」。1stライブ以来の生披露となる楽曲を激しく歌い上げ、『禍つヴァールハイト-ZUERST-』エンディングテーマである「disclose」を表現力たっぷりに響かせる。

「一日早く入って鹿児島観光してきました!」とMCした後は、先日から改めて放送が始まったTVアニメ『終末のハーレム』オープニングテーマ「JUST DO IT」と、そのカップリングとなる「IMPOSSIBLE LOVE」を初披露。「初鹿屋、新年一発目なので新しいことをやっていかないと!」とステージの花道まで動きながらファンの目を見ながら歌唱。思わぬ接近にファンも大きな手拍子で応える。コロナ禍で声が出せなくても思いは伝わる、それはステージ上からでも客席からでも双方向の願いであり、思いだ。


最後は先日第一期が終了したTVアニメ『最果てのパラディン』オープニングテーマ「The Sacred Torch」を歌い上げてにこやかに去っていった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル