top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

売切で店員を1時間説教、コスプレ見せつける男性…販売員語るアパレル店の“ヤバイ客”

女性自身

売切で店員を1時間説教、コスプレ見せつける男性…販売員語るアパレル店の“ヤバイ客”

コロナ禍に入り、ネット通販やライブコマースが広がりを見せるも、身に着ける洋服はアパレル店で実際に試着してから購入したいという人も未だ多い。その中には、困った客もいるようで……。

 

高橋真由さん(仮名・23歳)が働いているアパレル店で販売しているのは、東京・青山にある30代~40代向けのブランド。キレイ系のファッションが人気で、お客さんは30代~50代女性が多いという。そんな高橋さんに、実際に体験した“困った客”についてのエピソードを聞いた。

 

「男性のお客さまが、商品は全く見ずに急に話しかけてきたと思ったら、“電話番号”を渡してきたんです。いわゆる“ナンパ客”でした。勤務中でしたので、もちろん丁寧にお断りしました」

広告の後にも続きます

 

このような勤務中のナンパは、アパレルスタッフ内で“あるある”だという。

 

■男性客が『セーラームーン』の衣装を着て、女性スタッフに感想を求める

 

「コートを着た男性のお客さまが目の前でいきなり、バッ! っとコートを脱ぎ始めたんです。何かと思ったら、中に着ていた『セーラームーン』の衣装を見せてきました。そして『どうですか?』と感想を求められたんです。周りのお客さんもいらっしゃったので冷静に『いいですね』とお伝えし、過剰な反応をしないよう心掛けました」(高橋さん・以下同)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル