top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年もブラックサンダーのバレンタインがヤバい 食品ってこんなに青かったっけ?

Sirabee

義理チョコの定番といえば、やっぱりブラックサンダーだ。受け取った時、あそこまで「義理です!!!」感あふれるチョコレートもなかなかないだろう。おいしいけど。

そんなブラックサンダーは、毎年“一目で義理とわかる”シリーズを発売していたが、昨年突如「義理チョコを煽りすぎました。」と反省。そして、義理っぽくないバレンタイン限定商品の販売を開始した。


画像をもっと見る■高級志向がさらにアップ

今年もその方向性(?)は変わらず、本命にも使えそう&義理が斜め上すぎな2種類が新登場。

1つ目は、義理どころか本命チョコでも問題ないクオリティかつ高級な「至高の生ブラックサンダー ザ・リッチキューブ」(1,944円)。お前、ブラックサンダーか!? と聞きたくなるお値段だ。

昨年は包丁を使って切って食べるタイプだったが、「カットしなきゃいけないのは手間だ!」と今年は一口サイズのキューブに。


広告の後にも続きます

関連記事:「北海道うまいもの館」福袋がなまら豪華 定番お土産アイテムも

■生チョコ&ブラックサンダーを高級チョコでぐるり

生チョコとザクザクしたブラックサンダーの2層が重なっており、その周りをミルクはフランス&スイス産、ビターはベルギー&エクアドル産のチョコレートで包んでいる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル