top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アカデミー賞を受賞した歴史ドラマ「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」(2018)

エンタメウィーク(映画)

アカデミー賞を受賞した歴史ドラマ「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」(2018)

解説

名優ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した歴史ドラマ。チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を、「つぐない」のジョー・ライト監督のメガホンで描いた。第2次世界大戦初期、ナチスドイツによってフランスが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍が北フランスの港町ダンケルクの浜辺で窮地に陥る中、就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手にヨーロッパ中の運命が委ねられることに。ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、究極の選択を迫られるチャーチルだったが……。チャーチルを支える妻クレメンティーンに「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、秘書エリザベス役に「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズ、英国王ジョージ6世役に「名もなき塀の中の王」のベン・メンデルソーン。脚本は「博士と彼女のセオリー」のアンソニー・マッカーテン。アカデミー賞では主演男優賞のほか、オールドマンの特殊メイクを担当した日本人メイクアップアーティストの辻一弘らがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

1939年に勃発した第二次世界大戦。歴史上最大で、誰もの頭に刻み込まれている戦争。戦争の勃発から約8か月後、イギリスで一人の首相が誕生する。その首相の名はウィンストン・チャーチル。

”ブルドッグ”というイギリスを象徴する愛称をつけられた彼は、その可愛らしい愛称とは逆に、気性が荒く偏屈な性格をしていて”政界一の嫌われ者”として煙たがられていた。その彼が、ナチス・ドイツによるヨーロッパ及び、自国イギリスへの侵略の脅威にさらされる中、その性格と圧倒的な話術によって、世界の歴史を大きく変えた27日間を描いた今作。

主演は今作でアカデミー賞を受賞した、名優ゲイリー・オールドマンが演じています。こんな事言わずもがなですが、ゲイリー・オールドマンが半端じゃないです。特に議会でのスピーチは鬼気迫る鳥肌ものの圧巻の演技を見せます!

また、それとは別にチャーチルの異常な日常を熱演し、チャーチルの魅力をこれでもか!と引き出しています。また、今作はただの戦争伝記映画と言うには惜しいくらい、スタイリッシュでアーティスティックなんです! 演出はもちろん、映像も音楽に素晴らしく、映画にグッと引き込まれます。個人的には重厚的ながらもシンプルなエンドロールに思わず、拍手してしまいました。

チャーチルには両極のイメージを持っていた私ですが、今作を見てもそれは変わりません。ただ、日常を普通に遅れるのは、全ての歴史が関わっていることは間違いないと思います。そんな当たり前の大切さも考えさせてくれる、超大作です。


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル