top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トップ女優「七福美神」の最新“艶”白書(2)綾瀬はるかは年末年始20時間以上出ずっぱり

アサ芸プラス

 お次は、年末年始のテレビをジャックした綾瀬はるか(36)の登場だ。

「1月2日放送の『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(TBS系)の前宣伝のため、局はこれまで放送したドラマ全話に加えて、SPドラマまでを一挙放送。もれなく昨年1月に放送された主演作『天国と地獄~サイコな2人~』も全話放送された。さらには綾瀬本人が正月特番にもゲスト出演するなど、年末年始のTBSで20時間以上出ずっぱりの独壇場となりました」(芸能デスク)

 2年ぶりとなる新作ドラマでも、キャリアウーマンの継母役を好演。

「お約束のキレキレ腹踊りこそ見せませんでしたが、浴衣姿での水浴びではぶるるんと、ビジネススーツ姿のお辞儀シーンでもロケット乳の弾力がわかる乳揺れっぷりは健在でした。涙あり笑いありのドラマは安定感バッチリで、視聴率も13.8%と稼いでいます」(芸能デスク)

 昨年8月にはコロナ感染が報じられたが、現在はすっかり復調。芸能プロ関係者が明かす。

広告の後にも続きます

「コロナ感染で復帰仕事の告知が大々的にできませんでしたが、退院後は山梨でスペシャルドラマ、京都では東映創立70周年記念作で木村拓哉主演の映画『織田信長(仮)』の時代劇の撮影などで大忙し。すでに7月期のドラマにも主演作が予定されているようです。本人は、アクション演技に力を入れているため、『天国と地獄』の映画化の話も進められている。昨年はコロナ感染で上級国民の汚名を着せられてしまいましたが、今年は仕事増で返上することになりそうです」

 そのキムタクとの共演映画「マスカレード・ホテル」(東宝)が昨年大ヒットとなった長澤まさみ(34)はどうか。

「こちらも負けずに、1月14日に公開を控える映画『コンフィデンスマンJP英雄編』(東宝)の宣伝で過去のSPドラマの再放送、映画シリーズを地上波初放送など援護射撃中です。加えてNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ではナレーションのほか、JRAの新CMキャラクターにも抜擢されるなど、今年も人気に陰りはありません」(芸能デスク)

「コンフィデンスマンJP」は「ロマンス編」(19年)、「プリンセス編」(20年)に続く3作目。天才詐欺師役の長澤の振り切った演技が見ものだが、今作でも、予告編ではTシャツの奥でFカップ乳を揺さぶる怪演を確認できる。

 芸能評論家の織田祐二氏も太鼓判を押す。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル