top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三原舞依にとってスケートリンクは「笑顔を生んでくれる場所」。五輪代表逃すも拍手が鳴り止まなかった

web Sportiva


昨年12月の全日本選手権SPの三原舞依。演技後に感極まって涙した

ーースケートリンクとは?

 そう訊ねると、三原舞依(シスメックス、22歳)は間髪入れずに答えた。

「”笑顔の源かな”って。自然と笑顔になれるんです!」

 その語尾がふわりと跳ねた。

「スケートに出会って、私は本当に幸せで。スケートがあるから、自分らしくいられるって思うし。サポートしてくださる先生や家族、友達とか、ファンの方のお手紙をもらうと、私にはスケートが必要だって」

【奇跡的な再起】

 2019年、三原は病気で体調を崩し、普通の生活を送るのも苦しかった。競技者としては失意のなかにあったはずだが、スケートは希望として輝いていた。リンクに戻るために辛抱することができたし、戻ったあと、練習時間は制限されたが、人並外れた集中力で滑った。

「ちょっと元気になってスケートができる状態になれたからこそ、スケートができる以上は全力をって」

 三原は半ば命がけで限界を超えてきた。だからこそ、1年半の休養後、復帰した2020−2021シーズンの全日本選手権でいきなり5位になる”奇跡”を起こせた。その芯の強さが、リンクで天使に映る彼女の本性だ。

 2021−2022シーズンはグランプリ(GP)シリーズに出場し、イタリア杯、スケートカナダとどちらも4位に入った。日本女子で、ファイナリストになった坂本花織に次ぐ2番目のポイントを獲得。北京五輪代表争いでも優位に立ったが……。

 昨年12月に行なわれた全日本選手権、その戦いは三原の過去、現在、未来を凝縮していた。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル